まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

耕耘~キャベツブロッコリー2回目の定植準備他(8/3)

さてさて、

3日
定植して3週間ほど。
キュウリが随分大きくなりました。再度誘引。
まだ体を大きくさせたいので少し小さめのものでも収穫開始。
元なりのものは小さく寸胴。実に使わせる水分と養分はまだ待ってくれー。
1502198542757.jpg
1502198552998.jpg

やめときゃいーのに、
昨日買い出しに行った時に、秋作で今回ブロッコリー結構播いてるんだし、
カリフラワー的なものも播いてみっかー、と思いついてしまう。
やめときゃいーのにホムセンの小袋、しかも○○リヤとかいう危険な種を買う。
案の定たねづらは最悪であるが、ネットで買うタイムロスもそろそろ冬作、越冬にかかる。
ロマネスコは種が高いっスね。
ロマネスコ、普通のカリフラワー、前に播いて少しだけ残っていた赤キャベツ。
3種混ざって3枚播種。
1502198429159.jpg
1502198442870.jpg

オクラ跡に牛糞を撒いて隣接の大根予定地も耕耘。
反300㎏計算ですが、少なすぎるか?でも牛糞は高いからなー、と葛藤。
1502198451907.jpg
1502198525821.jpg
1502198534553.jpg
次のキャベブロの定植箇所の肥料播きと耕耘
1502198462272.jpg
1502198480994.jpg
1502198501994.jpg

夕方は早めに切り上げて歯医者へ定期検診。
歯並び、日常の歯磨き含めてほぼ治療したことが無いいため、
皮膚科、眼科、呼吸器科と怒られ続けてきたまきのさん的にとっては
歯科は非常に気分が良い病院です。
  1. 2017/08/11(金) 06:59:53|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サラダ白菜定植~植物防疫法とイモ(8/1,2)

さてさて、

昨日はニンジンの畝立て以外にもう一つ畝立てていた。
7月17播種のサラダ白菜の定植用の畝。
毎年ちゃんとマルチでやって、毎年ちゃんと
軟腐だらけにしてほぼほぼ収穫できない
のですが懲りずにチャレンジ。ノーマルチです。
適当に30㎝千鳥3条。
ちゃんと時期になったら殺菌剤をしっかり打って上手に出来るといいですね。
1501664517659.jpg
1501664502047.jpg
1501664529036.jpg
1501664536823.jpg

一昨日播いたキャベツブロッコリーを苗屋さんへ。
その時に7月12日播種7月19日播種7月26日播種分の発芽・生育状況の確認。
12日播種上キャ下ブロ
1501720911467.jpg
1501720936379.jpg
19日播種上キャ下ブロ
1501720966736.jpg
1501720975972.jpg
26日播種分に関しては発芽が安定。
1501721022526.jpg
1501721049507.jpg

やはり以前のものの発芽不良については高温が原因だろう、と断定。

その他、
買い出し。
肥料やら、秋ジャガの種イモやらセット球タマネギの買い足し。
種イモはホムセンではなく直売所で普通に食用として売ってるやつを。
1501721351519.jpg
1501721357360.jpg
2年前に
種イモと食用いもの違いについて
記事で触れてあったので、記事のリンクを張っておきます。
これらはあくまで食用として売ってあったものであり、まきのさんが勝手に種イモ用として使っているだけである。
申し訳程度に1個だけ食べておきました。ンまかった。
新聞記事も中日新聞の記事がありましたのでぺたり
そもそもやってることが悪質で植物防疫法以前に景品表示法…じゃなくて商標法敵にアウトですが。
ジャガイモ、種芋に偽装し販売 岐阜の社長ら逮捕 (中日新聞)

そのあとはネギ回り、キャベツ予定地の草とりなど。
今年はちょいちょい雨が降っているので、耕耘後、ある程度の大きさの草が刈れずにそのまま根づいてしまう。
キャベツ予定地のスベリヒユ、イネ科など典型的だし、周りで農業やってなくて草退治に耕耘だけしている所も顕著。
写真見ればわかるとおり、地際観れば新しく生えてでかくなったんじゃないことがわかる。
6月あたりは乾きすぎて残渣が分解しないと思ったら、今度はこれである。
こんなでかくなる前にうなっとけっていう。
1501664553130.jpg
1501664611162.jpg
1501720870839.jpg
1501664619664.jpg
1501720881448.jpg
1501720888319.jpg
  1. 2017/08/10(木) 06:52:51|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャベツブロッコリーニンジン播種~薬散・耕耘などなど(7/31)

さてさて、

昨日一昨日雨が降りましたが良く晴れ渡る。でもまた8月1日に雨が降る模様。
仕事をぎっしり詰め込む。

昨日出来なかった薬散を先に。
薬散した奴らは写真あんまり撮ってない。
7月23日播種のコマツナに
スピノエース顆粒水溶
アクタラ顆粒水溶
バシレックス水和
キュウリとネギに
ダコニール1000
を加えました。
キュウリの倍率に合わせてスピノエースは5000倍。
今年はカッと暑くなったかと思ったら雨が多くてむしむし。
先日仕掛けたフェロモントラップにややヨトウが引っかかってはいますが
殺菌メインの薬散の方がいいか。
台風5号がうろうろしていますが、台風一過の強い日差しと高温が来たら
キュウリが真っ先に弱ってベトと褐斑、キャベツブロッコリーが痛みから苗立ち枯れか。
曇天続いている内に早めに銅剤系を検討しておくか?
ネギは管理機の修理待ち。早く機械屋さんが直してくれるといいですね。
1501598360544.jpg
1501598322651.jpg

耕耘を数か所。
前回耕耘後でもゴロゴロしまくっていた、といった7月24日耕耘した越冬キャベツ圃場。
ごろ土が昨日の雨で少しほぐれていて、それをキレイに。
1501598368336.jpg
1501598390963.jpg
ずっとできなかったオクラ跡。あと2回くらい耕耘しなくては。
1501598401082.jpg


ニンジン播くので耕耘も。播種後の写真は翌日撮影。
40m×2本、右(北)が向陽2号(タキイ)左(南)が恋ごころ(タキイ)

ニンジンの草取り。
トレファノだけじゃやっぱりスベリヒユは生えるなー。
ロロックスをどのタイミングで播くべきか。
播種直後に1回、3~5葉期に1回。
中間に使ったらこれはどうなるのか。薬害出んのか?
まぁ適当な時にやっとくか。
7月7日播種分は発芽が悪い。
1501598308625.jpg
1501598353009.jpg
7月18日播種分はダメかと思ったが、思いのほか悪くなかった。
1501598300933.jpg
1501598413473.jpg

播種は他にキャベツとブロッコリー
キャベツは品種が切り替わって恋風(カネコ)128穴×15枚
ブロッコリーも品種が切り替わってクリア(ブロリード)128穴×15枚
1501598429220.jpg
晩生で非常に評判が良いらしい。
  1. 2017/07/31(月) 23:59:55|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨~キャベツブロッコリー生育状況(7/29~30)

さてさて、

午前中に出荷と播種。
追加でニンジンを購入したのですが、
これと


これ


で合計9000円くらい。
送料無料の10000円以上にするために購入したこれ


1501598181667.jpg
を播きました。
年末に近づくに当たり、あるいは年明け、たまーに紫キャベツが目ん玉飛び出るくらいに高値(400円とか)になるのでわくわくしながら
…と思ったら頭が三角になるミニキャベツかよこれ!あーこれでいいや、くらいに気にせず買ってしまった。失敗した!

昼休み。
だいたい自宅に戻ってご飯作って軽く寝るのですが、うっかり寝過ごす。
ハッと気づくと雨が結構降っているという…。
キュウリの薬散と耕耘は後日…。
1501598188688.jpg
1501598196361.jpg

おまけ
7月5日播種7月25日定植で定植6日後の7月31日現在。
定植最中の大雨のおかげか活着オッケー。
ブロッコリー
1501598254136.jpg
1501598261866.jpg
キャベツ
1501598278570.jpg
1501598286015.jpg

さらにおまけ
預けている苗の様子。元気いっぱいですが発芽の悪さ;;;
7月12日播種
キャベツブロッコリー。わさわさしてるから発芽が良いように思えるが、断じて良くはない。
1501598239417.jpg
1501598231652.jpg
7月19日播種
一番ひどいやつ。ここだけ15枚ではなく20枚に増やしてあります。
1501598219543.jpg
  1. 2017/07/31(月) 23:59:53|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャベツブロッコリー補植~フェロモントラップ(7/27,28)

さてさて、

27日
先日7月23日に播種したコマツナの発芽がぽちぽち始まりましたので支柱差しとネットかけ。
1501512269298.jpg
1501512260647.jpg
1501512332551.jpg
1501512332551.jpg

でもってキャベツブロッコリーの苗が前回定植したときに余った、というか
耕耘が足りなかったので植えられなかったから肥料撒き。雨後でも翌日晴れた日中に出来れば、と思う。
1501512297304.jpg


28日
で、その張れた昼間に耕耘・キャベブロ苗の補植。
沈まなくてよかったですね。
1501512288354.jpg
1501512278930.jpg
1501598036870.jpg
1501598045045.jpg

他、オクラ跡地にんじん播種予定地も耕耘
1501598164729.jpg
1501598135434.jpg

キャベブロは補植、といっても、前回の引取で各15枚持って来て3枚4枚植えられなかった。
思いのほか発芽、成苗が多かったとみるか?とはいえ播種量の80%です。
でも、次の、次の次はもっと悪いぞ!!!
1501512349889.jpg
1501512342392.jpg

で、
キャベツ、ブロッコリーを定植したので毎年恒例のフェロモントラップを仕掛けます。
フェロディンSL


どういう風に設置するのか、どういう形状なのか、と分からない人には細かい構造が分からないと思いますので、
ダイジェストではありますが、こういう
ルアートラップ


の真ん中のポッチ部分、こうなってます。
1501598058126.jpg
で、その突起にフェロディンSL、これはゴムのキャップです。
どうやらこれにフェロモンが染みついている模様。はめます。で、戻します。
1501598075387.jpg
1501598082620.jpg
こうすればハスモンヨトウの雄らがつられて近づいてきて、
うようよ飛んでいる間に狭いテントの中でぶつかって中に落ちて、
洗剤など(自分はハンドソープ)を入れた水のなかで上手に飛べずに溺れる、という寸法。
仕掛けて雨も降ったりでしたが3日目くらいから数匹づつ中に溜まり始めている。
シーズンにもなれば数cmの水が数日でヨトウの死骸でいっぱいになり、
運のいい奴は踏み台にして逃れられるかもしれない。それほどよくつかまります。
ただ、

すgggggggっげぇ臭いので

ちゃんとこまめに交換しないといけませんが、目に見えて効果があります。
確かに、雄だけしかつかまりませんが、このフェロモントラップはそのオスがアホほどつかまります。

定植して10日ほどたったキュウリ苗。
活着はええな。生育の非常に良い。
しかも、定植した”位置”が良かったのか、誘引するまでもなくネットに絡んでくれた個体が多い。
とは言え全部が全部ではないので誘引テープで誘引してやる。
1501598096466.jpg
1501598105303.jpg
1501598112853.jpg
順調に育っています。このまま台風にやられなければ上手に高値で売れると見込んでいます。
台風にやられなければ、
ね。

夜は珍しく?飲み会。
直売所の暑気払いだそうで、バス乗って電車で所沢まで。
特別大した交流でもなかったのですが、パートの人たちなどに押されて半ば仕方なく参加。

夏作で盛大にやらかした責任で頭を丸めましたが

実はそれ以外に、週6で飲んでいた酒をまるまる1か月飲んでいなかった。
けじめその2としてのんべえまきのさん、禁酒1か月。
そしてちょうど1ヶ月の節目に当たったので、節目として解禁。
いつも家に帰ったら酒呑みながらPC作業していたので、更新速度がとりあえず戻りそうです。
どこまで戻るかは分かりませんが…。

おまけ
困ったことに中耕管理機が動かなくなってしまった。
ガソリンを送るキュポキュポ(分かる人にはわかる)が上手く動いていないなぁとは思っていたのですが、
1501598143561.jpg
エンジンがかからない。掛かったと思ったらすぐ止まる。
ガソリン抜くチューブからガソリンが抜けない。つまりガソリンが上手くエンジンに送られてないんだな、と分かる。
機械屋呼んで、直してもらおう、と思ったら、ポンプごと交換しないとダメっすね、とのこと。
てっきり中掃除すりゃ動くものかと思ってましたがダメらしい。
ねぎに追肥播いたんスけど、来週まで土寄せ中耕出来ない模様。
1501512324351.jpg
鍬でなんてやってられるか(筋肉痛的な理由で
  1. 2017/07/31(月) 23:59:52|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ