まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

キャベツ収穫急ぎ足~3日でプロ(6/10)

さてさて、

オクラとダイコンとキャベツをいつものように直売所へ。
キャベツの売れ行きは、他の方と大分かぶっているのであまりよくありません。
市場出荷も自由競売のため、昨日出した分はびっくりするくらい安かった。
何とかオクラで稼ぎたいところでしたが、昨日薬散前に収穫した分で、まだ数袋。
ちなみに、昨日やった薬散、昨晩に叩きつけるような豪雨の襲来で効果消滅というアンラッキー。
そういえばこのオクラ、リゾレックス撒けば豪雨で流され、トンネルべたがけは2度吹き飛ばされ、
今はアブラムシとフタコトリヤガやヨトウがうようよしている始末。その上、薬散も洗い流される。
…まぁ、オクラだし、別にいいや。

夕方はキャベツ無双です。
明日の天気も不穏。本当は予冷庫が無いのにやらない方が良いのですが、前日どりです。
CIMG0733.jpg
CIMG0756.jpg
CIMG0757.jpg
天気は悪くなかったので、箱詰めしたのを相棒キャリ子(2輪車)に積んで作業ハウスへ運びました。
軽トラ一車分36ケース。
ちょいとここで一つ誤算。
自分の作業スピードが案外早かったので、明日でも全然平気だったかな、と。
拾い切り1時間、箱詰め1時間半、でちょいと足りなかったので30分ほど切り足して箱詰め、で36ケース。3時間弱でこれ。
5時スタートで8時に36ケース、直売行って昼飯食って、でも荷受けが始まる15時までは全然平気。
まー、どんなイレギュラーがあるか分からないけど、朝早く始めれば、時間の余裕は十分過ぎた。
ほぼ初めてのキャベツの集中収穫ですが、早く切れたのは一つの修行の成果です。
「3日ひたすら切ってれば、誰でもプロになれるから」
これは、2年前の1月、埼玉県北部で加工用白菜の収穫バイトに行った時の雇い主である長野の大産地農家の言葉。
3か月誕生日が違うだけの年齢の近い彼とは今でも交流があります。
最初はおっかなびっくり包丁を握っていましたが、
なるほど、
あぁなるほどなるほど
ただ、切るだけ、を繰り返す。だけ。
549329_148575861973374_1884020484_n.jpg
確かにそうだ。収穫なんて、農業の中で大部分を占めるけど、作業だ。
とは言え、こどものころからレタスと白菜切ってるマッシーンのような雇い主や、嬬恋村のキャベツ収穫を数年経験している他のバイトの猛者には到底追いつきませんでしたが
丸2カ月の間で50m約220個のハクサイ全切りで1時間ちょい。
今回、100m×2本分、大きいのだけ拾い切り1時間で28ケース×8玉=224
もうちょい早くなれそうだな、と思うけど、別に時間さえ読めるようになればいいので、こんなもんか、と。
作るのはまだまだ四半人前かもしれませんが、切るのだけは一人前の一歩手前かもしれません。
さっさと収穫させいっ!とキャベツに念じたのは自分。
キャベツは応えてくれました。しかも全部一斉に。せめて順番に来いよ。
ですので早く切ってあげないといけません。
明日明後日明々後日、そして日月…。
正念場です。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/10(火) 22:58:13|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャベツ・オクラ収穫~ユンボで穴掘り(6/11) | ホーム | 初☆出☆k~初☆出☆荷!(6/9)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/87-a6d73257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)