FC2ブログ

キャ・ブロ・ウリ科薬散~耕耘(4/24,25)

さてさて、

前回の宣言通り、キャベツブロッコリーに薬散。
毎年悩まされているコナガを倒します。
アファーム乳剤
プレバソンフロアブル
スターナ水和剤
KIMG1672.jpg
KIMG1674.jpg
記事書いている29日現在、主にブロッコリーの葉裏に孵化したてのコナガ幼虫の発生、多数確認。
明日明後日で注視。効いてなさそうなら合ピレ系のアディオンか、或いはディアナか。

キュウリに何やら不穏なウイルス症状に似た成長点の異常…。
なので隣のズッキーニと同じ薬散を…と思ったら
ブロッコリー・カリフラワー問題のような状況に。
先生の守備範囲の広さたるや!
プレバソン=キュウリOK・ズッキーニNG
アブラムシ対策。たくさん登録あるしへーきへーき…
モスピラン=キュウリOK・ズッキーニNG
アブラムシ対策で最強はこれだろ
アクタラ=キュウリOK・ズッキーニNG
結局
アディオン乳剤
アルバリン顆粒水溶
になりましたとさ…。
KIMG1671.jpg
KIMG1670.jpg
KIMG1669.jpg

そのほか、
モロコシの播種準備で9235×2本
KIMG1680.jpg
KIMG1684.jpg
で、夜の間にまとまった雨が降ってくれたので翌日そこへ播種。
モロコシは種がいっぱい余っちゃったので苗にして補植用、或いはもう一本分いっちゃうか?128×6枚。

キャベツ跡の耕耘。
KIMG1677.jpg
KIMG1678.jpg
次のキャベツの定植まで4か月ほどある。そろそろ緑肥でも蒔く。
秋作キャベツは、夏の暑さで勝手に枯れてくれる緑肥を蒔いてあります。
ただ、薄いところがあるので草が…。
KIMG1663.jpg
KIMG1661.jpg
普通の麦を蒔いた箇所、ハウスの一番手前、出穂しているので漉き込む。
ちょっと遅かったな…。
KIMG1675.jpg
KIMG1676.jpg
KIMG1679.jpg

地主のばーさんに頼まれて1時間ほど麦刈り。
KIMG1664.jpg
KIMG1665.jpg
KIMG1666.jpg
KIMG1667.jpg
資材の買い出し。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。いつも楽しみに拝見し、参考にさせてもらっています。薬散の時に書いてある薬ですが、すべて混用して散布されているのでしょうか?
差し支えなければ教えて下さい。

Re: タイトルなし

いつもありがとうございます。

混用事例だとか薬害だとか言われますが、多くても3種類。
基本的には全て混ぜて使用しています。
よくコナガやハイマダラなどチョウ目には悩まされることが多いですが
アブラムシやカメムシ類には悩まされたことはあまりありません。
散布対象がはっきりとしている場合は単剤で散布する場合もあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。