ダイコン播種~後継者と新参者(3/6)

さてさて、

ホウレンソウの収穫が相変わらず忙しい。
KIMG1234.jpg
その忙しい合間でも大事な最後のダイコン播種。
50m×4本目終了。
種がいっぱい余ったので5本目もダイコンでよかったっちゃよかったのですが
葉ダイコンとして春みのり(カネコ)のみで7m分くらいか。
昨年、葉っぱが一番優しくておいしそうだったのを覚えていた。
KIMG1233.jpg
トンネルは間に合わなかったので明日。

で、ホウレンソウが忙しい。
今日はJAいるま野青年後継者組織連絡協議会の全体交流大会がある。
で、毎年のことながら記念講演とやらがある。
前回は出るつもりがあんまりなかった上に、

ゴルゴ松本氏が来て講釈を垂れていました。

昨年の文末にまきのさんは
>つーか、
>地域を担う後継者・新規参入者の農業経営への士気を高揚させようとする
>講演内容を選出する気概は無いんでスかねえ…。

と批判的な内容を載せました。

で、
今年、案内状を抜粋
略)食の源を担う我々は、グローバルな視点での経営と様々なネットワークをもって
さらに経営力を高めていくことが求められます。
そのような中、生活環境の変化や情報スピードの加速化に伴い、様々なストレスを感じる時代となっております。
心身の健康を維持し、豊かな生活を過ごすための学習並びに情報交換の場として交流大会を開催させていただきま
すので貴殿の参加をお待ちしております。

第一部 記念講演会 午後4時30分開会
テーマ「ストレス社会を生きる」講師:医学博士〇〇〇〇

つーか、
青年部には毎年、何の役に立たないことに使わないといけない予算枠があるんスかね…。
こんな春の準備忙しい時期にまるで役に立たなそうなテーマの講演聞いてる方がストレスたまるわ…。
ホウレンソウむしってる方が精神安定につながるので、午後5時くらいに切り上げてシャワー浴びて
ブログの更新しつつ、会場で受け付けに着いたタイミングでホールの方から拍手が起きてました。
第二部の交流会という名の飲み会。200人くらいいる中で飲む。
同じテーブルの人とは話くらいはします。
大体は自分のような新規就農者ではなく、集まりの名の通り後継者ばかり。
尚、数集めるために召集かかってる自分のような研修利用の新規就農者は昨年あたりからほとんど多忙を理由に回避している。
20人くらい呼ばれたそうですが、実際は6人ほどしか来ていない。
俺も来年こうすっかな?
とは思うものの、毎回畑近くで会釈だけで終わってしまっている地域の若手の方々数名と雑談ができる…
…為だけに会費3000円と数時間の作業時間パァか…。割に合うかは別として、
他に後継者の人たちとの雑談がある。
まきのさんが抱えている新規就農者の悩みは恐らく彼らには理解されづらいでしょう。
また、
彼らが抱えている新規就農者の悩みは恐らくまきのさんには理解されづらいでしょう。
家を守るため、十年二十年と同じことをし続けているかもしれない後継者の彼ら。
誰からも望まれたわけでもないのに作物を作り始めたポッと出まきのさん。
何人かは流れで、あ、どうも、と酒注ぎがてらお話をした人はいました。
流した話しかしてくれない人、農業の話をしてくれた人、いろいろと刺激にはなりました。
が、
来年はいいかな…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント