FC2ブログ

拍手コメントへの返信~潅水設備~

拍手コメントでご質問を頂きました。
要約”まきのさんとこの潅水設備ってどうなってるの?”
とのこと。

設備…と言っても自分で用意したものはタンクとポンプ、灌水チューブくらいですが、
その水をどっから持って来てるのかっていう話だと思います。
1502977873287.jpg
1502977880096.jpg
裏の地主のばーさんの畑、キャベツやブロッコリー、ニンジンをメインに作る圃場に関しては
個人で掘った井戸がある、且つ好きに使っていいからね、と言ってもらっているのでじゃんじゃん使ってます。
ひねれば出る。
今植えているキャベツブロッコリーの畑、90mくらいの長さのうちに30mおきにこの”マス”がありますので
定植場所ごとにホースを付け替えてじゃんじゃん使ってます。
1502977836426.jpg
1503751202391.jpg
40mm28(32)㎜のソケット、40mmのホースを使って位置を調整して潅水しています。
ホースは苗屋さんと雑談してたらいっぱいもらえた。
しっかりしたホースなので普通に買うと1個1万円以上すると思う。ありがたやー。
1503750932985.jpg

それ以外、
就農当初はバケツにロープ付けて橋の上からぶん投げて汲むという原始的な事をしていましたが
見かねた苗屋さんが”はたかん(畑潅漑)組合”に入れてくれました。

※ちょっと長い※
”はたかん”に絡めて就農地域のお話。
この地域、「JAいるまの」の共販出荷野菜は非常に市場価値の高い。
周年の葉物(ミズナ、コマツナ、ホウレンソウ、チンゲンサイ)、そしてサトイモ。
ダイコン、ニンジン、サツマイモ、もありますが、前者二つが非常に強い。
その理由として大きいのは、ほぼほぼすべての畑に灌漑設備がついているから。
葉物・ニンジン播種の時は1時間とか2時間、半日とかずっと流しっぱなし。
サトイモは真夏はスプリンクラーががんがん一日中(夜通し)回っています。
なので葉物は周年作れるし、サトイモは株がすんげーでっかくジャングルみたいになって
品質の良いイモが大産地千葉や茨城に比べて非常に高値で取引されます。

個人で井戸を掘る人もいますが、非常に金がかかります。
1m掘るのに15000円くらいか?場所に寄りますが川越、所沢で川から離れた場所だと50mとか100mとか掘らないと出ない。
つまり掘るだけで100万くらいかかります。
つーか水脈検査するけど掘っても出ないこともある。
尚、鶴ヶ島は自力で5m掘れば出る模様。
大きな農家であれば個人、数軒で、というのもアリですが、
地域で共同で井戸を掘る、と言うやり方もあります。
それが自分の入れてもらった”はたかん”組合です。
畑を横断するようにだーーーーーっと水道管を通して畑毎にその水道管に直結。
ひねれば必要量が出るようになってます。
当然、それだけ大規模だとみんなでお金出し合って…と言うわけにはいきません。
県や国や市から補助金を出してもらって、の事業です。

気になるお値段は詳しくは言えませんが、
メインの水道管から引っ張る為の工賃とメーター代でン十万かかり、
会費は水道管の恩恵を受ける面積+使用量。使用量は値上がりしましたが1t(1㎡)で100円くらいだった気がする。
水道代…と言うか多分大元のポンプの電気代かと思われる。
ぶっちゃけ、メインの水道管の位置的に、
自分のところにメーターをつけると畑の真ん中らへんについてしまうので不便だったりもする…。
その代わりと言っちゃなんですが、共用の取水口があります。
いつも葉物を洗ったりキュウリなどの灌水する水はそこからもらっています。
使用量はかからない。
夏にいっぱい使うし使用量を概算で払います、と言ったのですが、
※以上※

で、
本来であればまきのさんの畑に通ってる水道管からメーター取り付けて取るべきなのですが、
この畑の水道管位置的に作業場から離れてるししゃーない、と周りからの暗黙の了解も頂いているので
共用の取水口から頂いてハウス横のタンクに移し替え。で水やりとかに使ってます。
ただ、普通に日が当たる場所なので藻が生えるので定期的にタンク内に頭突っ込んでごしごし磨いてます。
1503750895368.jpg
1503750903597.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。