スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫出荷メイン(3/13~15)

さてさて、

表題の通りで特に作業は無し。草むしりしましたけど写真も無し。
雨が降ったりしてくれたので、定植したキャベブロらが少し元気になってくれたかな、とは思います。
1489871425401.jpg
1489871432118.jpg
1489871438724.jpg
1489871447142.jpg

少し余った箇所、ブロッコリーの隣にキタアカリを追加するのでその準備。
40mほどなので10㎏あれば十分か。
ジャガイモはだれもが細かく切って植えるでしょうが、基本的に小さいのはそのまんま植えてしまう。
なので前回は切る前提のL玉でしたが、追加分は売ってなかったのでM玉。切ってないのもちらほら。
1489871461534.jpg
1489871467460.jpg
1489871473755.jpg

おまけ
日本経済新聞の記事
1489871418644.jpg
出してる直売所が店舗数を大幅に増やすとかどうとか。
店長がドヤ顔でまきのさんにコピーを見せつけてきました。
静岡、山梨にも進出して、店舗売上はもちろん、要は端境期の野菜、潤沢な果物の物流を増やしたい目論みか。
山梨はまだ分かるのですが、静岡のような手ごわい産地に店舗が増えるとなると、
自分が出している所沢店から他の東京群馬神奈川へモノを出しているように、
静岡からもこちらへ野菜が入ってくるという事。山梨はモロコシくらいが脅威か。果物はあんまり関係ない。
となると、こちらで難しい、特に早い春作、遅い冬作のものを苦労して作れるものが
向こうはそこまで苦労しなくても作れる。そういうものが入ってくる。
例えば早播きトウモロコシ、例えば越冬レタス。
あえて難しい作柄にチャレンジするメリットが薄くなってしまうもろ刃の剣。
難しい越冬レタスは一大産地JA遠州夢咲近辺が来ようものなら勝てないので論外。
冬場は撤退気味でしたが、キャベツと同時にホウレンソウを復活させて送る…
にしても一回で袋詰め出来る量なんてたかが知れてる。
早い春作は新玉は間違いなく(もともと売れ行き悪い)減らすし、
となるとダイコンもあんまり早播きしてもなー、じゃぁやっぱり春はニンジン増やすかなー
と今から取らぬ狸で皮算用試行錯誤。
尚、狸は
1489871529111.jpg
また捕まえましたけどね…。今年3回目?4回目?もう覚えてねーや。
ホント狸ばっか捕まる。アライグマと比べて段違いでバカなんスかね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まきのさん

Author:まきのさん
埼玉県川越市で「明日の農業担い手育成塾」制度を利用して
新規就農を目指す牧野圭輔による農作業記録です。
屋号は牧農産。牧農産の牧野さんです。

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。