スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庇を貸して…~薬散終了(5/22)

さてさて、

朝から毎度同じように直売所用収穫。
140522_0544~01
サニーレタスは出ていますが、どうやら玉レタスを出しているのは自分だけらしい。
しゃー独壇場につき値段爆ageだおらー
というわけにもいかず、青果下落中につき1個100円。。。20個持ってくにとどめる。
一か所しか出してないのに20売れたらまずまずかな、と。(ただし結果は14個)

昨日、お隣さんが境界の道の、何故か自分の方へ2本支柱を立てていた。
畑の距離を測るための目印かなー、と思ってたら、違った。
「軽トラで横通ったら追いかけられたから分かったんだよ。」
写真はありませんが、小鳥が巣を作って卵を産んでました。
なるほど、親鳥がいない時に見たら、畑のゴロ石の間に卵が4つ。
元々お隣さんが、俺が借りる前に雨水が流れてくるのを堰き止めていた土嚢からこぼれた石とそっくりの柄。
上手くカモフラージュされています。
でもまぁ、この畑にはキジ、カルガモ、ハトのような鳥もいれば、森があるのでカラスがいます。
周りさえぎるものが無いのにいーのかよ?と心配です。
さっさと卵が孵って元気にどっかいってほしいものです。
ていうか、
そもそも、
そうしてくれないと夏植えキャベツの耕耘ができないのですが…
庇を貸して母屋を取られる、という言葉があります。
作業ハウスでコマツナを作っていたら、
mini_140522_1109.jpg
左上の陰。
ツバメがピヨピヨと飛んでは入ってきます。
のんきでいいなぁははは、と思っていたら、隣の倉庫ハウスにも。
こいつらまさか。。。巣を作る場所を物色中か?
でも季節的には今だったか?
よくわかんないけど、これからクソ暑い時期、作業ハウスは白白コートが遮熱効果あって涼しくて良いのですが、
倉庫ハウスは熱がこもるので確実に死ねる。朝開けるといつももわっとした熱気が出ます。
ていうかどちらにしても、夜間鍵閉める場所だし、万が一作られたらハウスのどこかに出入り用の穴開けないといけない。
風が吹き抜けてさらに埃だらけになるわ、その穴から穴が広がりそうだわ、雨水入ってきそうだわ、冬寒そうだわ、
ハウスの寿命が大幅減の予感…。
貸す庇はあるが、取らせる母屋はここには無ぇ!と強がるも、動物愛護精神から追い出すわけにもいかないので
自然といなくなることを願う…。

プレバソン散布の続き。
4時間ぶっ通しのあとの1時間で、ようやくすべて終わる。
mini_140522_1559.jpg
いやー、手ひどくやられたところはやられた。
こういう葉っぱはひっくり返すと裏にびっしりいらっしゃる。てかいやがる。
薬を撒く前にタダチニテデツブース。
プレバソン先生がしっかり仕事してくれればいーんですがねー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まきのさん

Author:まきのさん
埼玉県川越市で「明日の農業担い手育成塾」制度を利用して
新規就農を目指す牧野圭輔による農作業記録です。
屋号は牧農産。牧農産の牧野さんです。

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。