まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイコン・キャベツ薬散~ドリフトを気にする(10/18)

さてさて、

雨の翌日の晴天予報、とくらぁ
朝霧がすごいのなんの。
1476971896994.jpg
1476971903696.jpg
収穫物キャベツ、ちょこちょことってるナガネギとホウレンソウ
それ以外にニンジンも加わりました。
1476971912593.jpg
1476971967044.jpg
1476971959856.jpg
ただ、根腐れによるか、生長点やられての短根が多い事!

今日は色々薬散。
今収穫中の草だらけの中のホウレンソウ、とその隣のコマツナ。
1476972081693.jpg
1476972088999.jpg
葉物が面倒くさすぎるのは分かるがネットくらいかけろ!
と思っちゃいるのですが、面倒くさいんだ、スマンな。
ここまでネットかけ内ででっかくなったのだから大丈夫だろう
と根性論を振りかざされているコマツナ、謎に食害が少ない奇跡ですが
プレバソンフロアブル
さすがに何もしないのはアレなので。
一応ネットを隔てているとは言え、2個隣には収穫中のホウレンソウ。
プレバソンは「収穫前日」おっけー。
えーい、全部かけてしまって、今日明日獲らなくていいや、と全部に薬散。
続いて越冬キャベツ。
14日にアファームエクセラをかけたばかりなのですが、
11月中旬からは温度的にももう何もしなくても大丈夫でしょうが、
それまでにガとアブラムシ対策をしておきたい。
と思っていたのですが、その隣の人がホウレンソウを播き始めた。
いるま野管内の生産者はちょうどこの時期他に播くものないのでとりあえず狂ったように3515マルチを敷き詰めて
ホウレンソウを播き、冬場はどこもかしこもトンネルだらけの畑にする習性があります。
トンネルのかかっていない今、発芽してしまう前に…と強めの薬散をしてしまおう。
農薬の残留検査でドリフトで引っかかりやすい作物はホウレンソウとシュンギクである(まきのさん調べ)
ランネートDF
浸透移行ある、アブラムシ以外にタバコガなどチョウ目でも登録アリ。
強力なカーバメート系の農薬。
一応キャベツはホウレンソウと同じ1000倍で、
キャベツ3日
ホウレンソウ14日
収穫までの日数考えたら全然平気なのですが、全く気を遣わないのもアレですし、
そもそも隣りの人と行き会わないので誰なのか知らんので気まずくなったらアレです。
誰もいない内にぶしゅぶしゅやって即効帰りました。

ダイコン間引き、最後の20m分ほど。間引き菜はもちろん調整して販売。
1476971999179.jpg
赤ダイコンのもみじのはさすがに売り物にはならない
1476972008442.jpg
1476972020585.jpg
葉物バブルが来ているのでそれを捨てるなんてとんでもない!
1476972067732.jpg
1476972074524.jpg
その後は
アルバリン顆粒水溶
アファーム乳剤
これもまた、ドリフトを気にして。
本当はハチハチ乳剤くらいのカブラハバチもばっちり倒してくれる奴をチョイスしたかったのですが、
隣りのニンジンが登録取れてない。
葉っぱに掛かってもいいじゃねェか、とは思っちゃいるのですが、
仕方なくかかっても平気な奴を。ニンジン自体に登録取れてるのが少ないんですよねー。
ぶっちゃけ、ニンジンは何もかけなくても大丈夫な気はしなくもない。

先日敷いた9227マルチを穴開けて9327へ改造したのち
超老化苗のレタスを2枚分定植。発芽良かったので128×2でも220本ほど植えられた。
1476971976101.jpg
1476972030255.jpg
その隣、ホウレンコマツナにネット張り50m×3。
何か久しぶりに農家っぽい作業をした一日でした。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/24(月) 23:36:59|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<麦・鶏糞まき耕耘~壁(10/19~23) | ホーム | ホウレン・コマツナ播種(10/16,17)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/674-5282e27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。