まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コマツナに薬散他~びた一文(8/2)

さてさて、

朝、昨日に続いて突発的に夕立がドバーッと降る不安定な天気。
写真ではちょっとわかりにくいですが、晴れてるのに雨がドバーッと降ってます。
1470135959870.jpg
定植直後のキャベツにはうれしい展開。
1470135971273.jpg
1470135975846.jpg
でも、雨で黒く変わった畑もカッと晴れればすぐに乾く。
時間がかからないとやはり表面だけですね。
午後には畑が真っ白になります。

オクラの収穫出荷は相変わらず半日を潰す。
7/19播種のコマツナ、夏の甲子園(トキタ)に薬散。
アルバリン顆粒水溶剤
プレバソンフロアブル
7月19日播種で二日後にはにょきにょき発芽していたのですが、
なんと0.6mmネットをかけたのは7月30日である。
既にボロボロなんスが、どんまい。強く生きろ。
1470135995587.jpg
1470149207011.jpg
尚、薬散はとなりの長ネギにもかけてやった。
土寄せは多分ネット欠けた日くらいにやった気がしますが、
そもそもいつ獲れるんスかねこのネギ(適当。
年内であることは確かである。


夕方、潅漑組合の話し合いの出席。
県や市の職員も交えて結構白熱した議論。
つーのも、
えっと
そのー
補助事業、
公的機関
お金が絡んだり
土地が絡んだり
的な事情がいっぱいあるので
するので詳しい事書くとアレですが
要約すると地域で使っている潅漑の主要の”管”の老朽化激しく、
全面工事しないといけない。その間は耕作できないし、畑を”掘る”事になる。
当然タダではないが、国や県、市がお金をどこまで払ってくれるのか…
という議論。
まぁ老朽化じゃしょうがないよね、交渉頑張って下さいね
っとなりゃぁ良いんですが、何故議論が白熱したか。
この老朽化した管のおかげでこの地域は周年で葉物野菜、サトイモもろもろ、
このくっそ暑い時期でもガンガンとスプリンクラーぶん回して
散水やり放題の恩恵で上質の野菜が獲れる一大産地となっているのですが
それでもなお、
”一銭も払いたくない農家”
がいる事実。
まだこれから何度か役員が交渉しに行ったり
公的機関と調整、調査の依頼をしたり話し合いを続けるのですが、
理解していないしない農家がいる。
まきのさんのような風が吹けばどこかに吹き飛んでしまいそうな農家が
「無い袖は振れない。金なんか(本当に)どこにも無ェぞ!」
と言うならまだしも
「我々農家のために…」
「国が全額負担する方法は無いのか…」
「それって今やらなくてもいいじゃないか」
負担は面積当たりに掛かりそうなので大面積ほど厳しいのでしょうが
何十年戦士の農家が小せぇなぁ
と思えた今日。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/02(火) 23:48:41|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オクラ、市場出荷するも…~暑い…(8/3~4) | ホーム | キャベツ定植開始~ニンジンにトレファノ、こうかはばつぐん(8/1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/640-6e128b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。