まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

はしれはしれ!にげろにげろ!~刃物ジンクス(5/16)

さてさて、

一度は沈静化したコナガが再び発生しているので3,4回目定植分へエスマルクBT水和剤とクイックタッチ。
ですが、これはもはや確認のため、となりました。
確認。本当に効いているのか、という確認。
そして、キャベツ畑で芽かき。これをやる必要性が出てきました
いきなり何を言ってるのかといいますと、朝一番最初の見回りの時にふと掻いわき目を見て察知。
mini_140516_1317.jpg
コナガの発生源発見。
農薬のかからない部分である脇芽から増えていたと断定。
2回目定植のものにスピノエースをやる前に、脇芽を一度全部取る必要がある、ということで、
直売用のエダマメやラッカセイを播く予定を延期して脇芽かきへ。
中腰なのでソートー腰にきます。
そんな中、
mini_140516_1241.jpg
いやーな水浸状腐れはっけーん。
軟腐か?軟腐なのか?匂い嗅いだら臭さがある、ような…。
となるとバイオキーパーだけでももう一度かけておくべきか…?
さらにさらに、
mini_140516_1444.jpg
たった1株だけでしたがアブラムシの株があったので、根こそぎぶった切って退場して頂く。
幸い、株の周辺には被害は無かった。
しかしもはやゴールラインが見える収穫に向かっている最中なので
病気や虫たちを振り切らなくてはいけないのはキャベツ自身。
そろそろこっちの介入もできなくなる頃です。
“はしれはしれ!にげろにげろ!”
と、また昔のゲームのネタをちょいちょいはさみます。(SFCヨッシーアイランド)

コナガが止まらなかった場合も考えて、スピノエース以外に最近はやりのプレバソンフロアブルを購入。
 プレバソンフロアブル 500ml

 プレバソンフロアブル 500ml
価格:7,694円(税込、送料別)


同じ成分のはすでに1度、育苗期にプレバソンとアクタラの混合薬ジュリボフロアブルをセルトレーに潅注済。

※以下、痛い話。苦手な方はご遠慮下さい。※
mini_140516_1519.jpg
埼玉県久喜市にある野口鍛冶店。
よくホームセンターとかでもうってる三角ホー、の開発元(確かもう特許が切れたかで、どこも作り始めた、気がした)
へ大学校時代、つっても3か月前ほどですが、見学へ行きました。
研ぎ方などを実演、指導してもらったついでに、白菜包丁が欲しかったので、即購入。
それから2カ月ほどなぜか自家用車の助手席の足元に置きっぱなしでしたが、レタス収穫も始まったので畑へ。
昨日まではカッターで収穫でしたが、実は、刃物に関わるジンクス持ちなのです。

“新しい刃物を使ったら、かならず体のどこかを切る”

思えば幼稚園時代、折り紙にハサミで穴を開けようとして、
なぜか左親指とハサミの間に折り紙を挟んでぐりぐりやっては折り紙と共に開通したのがきっかけか?
色々と危ない刃物を扱うようになったのは大人になってから。
社会人時代、今は台所で使われている藤次郎包丁。
畑でハクサイの試し切りのために得意先の在庫からポケットマネーで買った当日、
上司の目の前で
「指切るなよw」
「はい」
ざくり
コントのようにハクサイを切る直前に自分の左人差し指を切り、
ハクサイの収穫アルバイトで貸与された包丁で左人差し指だけではなく、器用に右太ももをさっくり。
大学校ではハサミでブロッコリーの調整で葉を落としていたら、左中指の爪ごとキレイにバチンとはさみ、
先日茶ノ木を切るために折り畳みノコギリを使い、閉じようとしたときに右手の指ほぼ全部をはさみ
おまけに勢い余って左足もきりかける。

大丈夫かな…
と思ってレタスを切るも、セーフ。
に、
安心したのか分かりませんが、先ほどのキャベツにアブラムシがたかっていた件、
包丁で株元切る

“右手に包丁持ったまま”、外葉で包み込むようにアブラムシのたかっている頂点部分を閉じ込める

左手でぎゅっと

右手でぎゅ

あだあああああっっっ!!!!

またっすかあ…。
しかし人間、こんなことにも慣れが存在します。
まず傷口観察。切ったのは左人差し指。
血がぼたぼた出てますので口で押えて器用にべろで傷口を圧迫。
そして右手は包丁をキャベツ切ったマルチ穴付近へたてに差し込みます。
こうしておけば目立ちますので、あれ?どこ行った?とあわてることがありません。
そしてハウスに戻る途中、右手をポケットごそごそ。
メジャーを取り出して傷口の測定。特に意味はありません。
ちょうど切った部分と繋がっているので、今、左人差し指の第一関節が7㎜長い状態となっています。
軽トラに積んでた手拭用ウェットティッシュでギュッと抑えては交換を繰り返し、ばんそうこうで止める。
ちょうど14時50分に指を切り、ハウスに戻ったあたりで15時のアラームが鳴ったので休憩がてら止血。
でも忙しいので15時05分には芽かきをアブラムシからも続きをやり、水を汲みにタンクを軽トラへ積んだあたりで
あぁそういや話のネタできたから、包丁と一緒に写真とっとこ、となったわけです。この時間、15時19分。
これも慣れからなのか、切った当日よりも翌日辺りからが一番痛みがきつい時期だと思います。
雑菌か、それとも自己免疫機能の活発化からか、傷口周辺の広範囲が腫れぼったくなり、曲げにくくなり、時折熱を持った刺す痛みも。

まったく、不器用なのは困りものですね(他人事)
ちなみに、先週から大学校時代に中指をさっくり切ったハサミが行方不明につき、
見つからなければ来月から始まるオクラの整枝には、
前に幕張メッセの農業資材展でタダでもらったハサミを使う予定です。
さて、次はどこのどれだろうかね…。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/17(土) 23:29:50|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<電池切れ~作業用BGM(5/17) | ホーム | 書類など事務作業(5/15)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/63-205a8546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)