スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草むしりDAY~ヤンコン対応モロコシ薬散(5/11)

さてさて、

畑中が天外魔境と化しているので軽く収穫出荷したら
いいかげん草をむしります。
ニンジン
1462972635403.jpg
1462972641472.jpg
1462972646987.jpg
1462972657474.jpg
来年はもっとまじめに対策して除草剤撒かないとダメっすね。
50mやるだけで2時間かかります。
オヒシバかスズメノテッポウか知らんが
イネ科のは横方向にがっつり根っこが張っているので
ぶちぶちちぎるだけ。
全体的にコナガ、アブラムシ、カブラハバチ…なんでも召喚しまくる
イヌガラシを中心にむしる。
モロコシ
1462972671940.jpg
1462972676876.jpg
1462972652276.jpg
当然…と言ってしまうのは哀しいですが、草むしりは終わらず。
でもって薬撒はニンジンに
モスピラン顆粒水溶
エスマルク顆粒水溶
モロコシには上述に液肥をプラスして葉面散布。

よくヤングコーンとトウモロコシについて、
検索すればブログにわざわざ書いて説明している人がいますが
登録農薬から見た分類的に、全く別物です。
例えば「コマツナ」
「野菜」の中の「非結球あぶらな科葉菜類」の中の「コマツナ」。
「コマツナ」を出荷したいと思ったらこの3つのうちどれかで登録の取れている農薬を使用できます。
が、
「コマツナ」「ハクサイ」だとしても花が咲いたもの
「なばな」で出荷したいと思ったら
「野菜」の中の「なばな類」
なので、
「コマツナ」「ハクサイ」で登録取れていても「なばな類」で取れていなければアウト。
季節に直売所で明らかにハクサイの菜花出してる人いるんスけど、
多分ふつーにハクサイ作ってて花が咲いちゃった、けど出荷してる人多いだろうな…。
で、
「トウモロコシ」
「雑穀類」の中の「トウモロコシ」のなかの「未成熟トウモロコシ」
普段食べているのは「未成熟トウモロコシ」になります。
たまーに「トウモロコシ(未成熟トウモロコシは除く)」があるので注意が必要。
「ヤングコーン」
「野菜類」の中の「ヤングコーン」
トウモロコシは穀物扱いなのに、ヤングコーンは野菜扱い。

同じ作物なのに全く別物です。

つまり
ヤングコーンで出したいならトウモロコシの登録農薬の基準で撒布してはいけない。
作業の流れでニンジン→トウモロコシなので
トウモロコシでもヤングコーンでも登録取れている
アドマイヤーフロアブルを使いたかったのですが、ニンジンは登録取れてなかった。
なのでモスピランを選びました。
BT剤は在庫でたくさん持ってるバシレックス水和剤が野菜類で取れてるのですが
トウモロコシの方が取れていなかった。
BT剤で把握しているのは
デルフィン顆粒水和(野菜類、とうもろこし)


エスマルクDF水和(野菜類、雑穀類)

エスマルクDF BT水和剤 100g
価格:1058円(税込、送料別)



ゼンターリ顆粒水和(野菜類、とうもろこし)

ゼンターリ顆粒水和剤 100g
価格:1166円(税込、送料別)



バシレックス、ジャックポット、トアロー、辺りのメジャーBTは野菜でしか登録されてません。
在庫でぎりぎりエスマルクが足りてよかった。

しっかし南風がめちゃくちゃ強い予報で強風注意報まで出ていたので
昨日定植したキュウリで首が弱そうなのは全部ヒモで繋いでやったのですが
弱い上に東とか北とかで、
とうとうtenki.jpは天気どころか風向きすら当たらない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まきのさん

Author:まきのさん
埼玉県川越市で「明日の農業担い手育成塾」制度を利用して
新規就農を目指す牧野圭輔による農作業記録です。
屋号は牧農産。牧農産の牧野さんです。

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。