スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目のスピノエース撒布~悪手?(5/13)

さてさて、

朝起きたらぴたぴたと雨が降る音。
ようやく降ってくれたか、と思って畑へ向かいました。
mini_140513_0619.jpg
だめだー。外葉で雨宿りしちゃってる感じが見て取れる。
結球始まってるのに窒素肥料が効いてしまうかもしれませんが、もっと降ってくれないと石灰欠で内部障害とか出られたらいやだな、というのが正直なところ。しかも明日ものすごく暑いらしい。
さすがに100m×4本、50m×6本分の灌水はジョーロでは無理。。。
明後日は少し崩れるようですが、しっかり降ってほしいな…。

今日は昨日エスマルクを打たなかった分、1回目定植分へ3回目のスピノエース撒布。
展着剤ももちろん添加。
キャベツでは3回以内なのでこれが最後。
かなり新しい葉までコナガが侵入しているようなので、ちゃんと効いてほしい…。
mini_140513_1232.jpg


非っ常に乾いているわけですが、乾いて元気なのはオクラぐらい。
花芽をちらちらつけ始めましたよこいつ。
mini_140513_1256.jpg
コマツナも見て元気なのは朝と夕方日が落ちるくらいになってから。
キャベツも心なしか外葉がへなへなです。
で、レタスは一応特性として乾燥を好むのですが、
mini_140513_13070001.jpg
mini_140513_1307.jpg
縁にいやーな枯れ症状。。。
斑点細菌の初期症状…ではないとよいのですが、チップバーンかなー…。
そういやマルチ内、温度変化があっても水滴がついていることがなくなったので、
恐らくマルチ内もカラカラだろう、という事で、200Lタンクに水を汲み、10Lジョーロでいざ、、、
mini_140513_1637.jpg
残量からして150L強、灌水しました。
本当は結球期の灌水は、レタスは水分に敏感なため、結球がほどけてしまったり、タコ足を招いたり、と
他の作物の中でも特にあまり宜しくない管理。
でも露地栽培だし、雨が降ったらどうなるのさー、という事で、石灰欠や病気でダメにするよりも、
形が多少崩れても、直売用として売れるように持っていく方向へ…。
肥料自体が少なかったので、いまさらバカ効きすることもない
と、悪い方に行かないといーんですがねー…。
せっかく上手に出来ているようなので…。ね。
mini_140513_1525.jpg
キャベツについて、やけにわき目がでかいものがちらほら。。。
本当はわき目は小さい内に獲っておかないといけなかったらしいのですが、
よほど株の体勢をいびつにさせるもの以外は基本放置してました。
綺麗に「気を付け」をしているキャベツの中、「休め」をしているやつを発見したらブチ、と取ってやるのですが
mini_140513_1655.jpg
わざわざ結球開始してるやつにストレスを与える必要なんてどこにもなかったんじゃないだろうか…。
株元から腐らなければ、いーんですけどね…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まきのさん

Author:まきのさん
埼玉県川越市で「明日の農業担い手育成塾」制度を利用して
新規就農を目指す牧野圭輔による農作業記録です。
屋号は牧農産。牧農産の牧野さんです。

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。