まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出荷形態~非常に悪い兆候(5/2)

さてさて、

朝八時時点で締め切りのオクラトンネル内
 4 0 ℃ !
明日からサマータイム導入ですハイ。
こりゃ遅くまでゲーム出来ません…。3年以上飽きずにやっているPSPタクティクスオウガは今日はお休みです…。

で、そのオクラの出荷形態の確認をしました。
mini_140502_1738.jpg
オクラは普通、スーパーで見慣れているようなネット出荷が一般ですが、
市場の人曰く、「ネットは擦れたり、で見た目が悪くなるんだよね。できれば日持ちする奴が良いな…。」
てことでいろいろ検索。
良さげなものをとりあえず2種類、100枚1袋分をチョイス。でもって今日、段ボールをカインズで3種類買ってくる。
オクラは1箱20袋(2kg)。寸法云々よりも、実際に入れてみないとわからないのですが、
とりあえずなんとなくで当ててみて、10袋が2列、しっかり入るもの。
左にある印字してある奴が良さそう。しかも折り込んで組めるので紙テープが要りません。
段ボール1枚68円
オクラ日持ちパックor特殊ネット1枚7.2or9.5円
つまり、出荷経費は1袋に対して10.6~12.9円掛かります。
でもって市場手数料8.5%
100円で売れたら80円が自分への稼ぎになる。
まぁ、そこから種苗肥料農薬ジュースお菓子代云々の経費が掛かる。

稼 ぎ 少 な っ っ っ ! ! ! ! 
 
と思うのか思わないのかはどうでしょうか。
自分としては大体オクラは1本6~8円計算ですので、正直問題ない。
問題があるとすれば、今植えている分が自分一人でちゃんと手が回んのかよ?
という事ぐらい。
いくらで売れた叩かれたは市場出荷という需要供給のギャンブルなため、どうしようもありません。
ただいえることは、その需要に対しての供給を果たせるか、です。
難しい作柄への挑戦、産地情報の把握、市場価格の変動への敏感さが大事なのです(キリッ
あー、テレビやラジオやネットで
オクラは超健康食品!
1つ食べたら血液サラサラ!
2つ食べたら肌に張りが!
3つ食べたら体重が5㎏減りました!
4つ食べたらロト6が当たりました!
とかやってくんねーかな

なんて馬鹿な話は置いといて、
隣のカブ農家さんが薬散にやってきた。
俺「薬散ですかー。殺虫剤ですかー?」
隣「そうだよー。」
そこで聞いてみる。
俺「群馬じゃアブラムシがひどいらしいですねー。こっちはどうなんですかねー?」
隣「結構周りのホウレンソウで出てるらしいよー。」
あぁやっぱり。。。
昨日今日と草取りを随分しましたが、テントウムシの多いこと!
となるとやはりアブラムシが本格的に発生中!
ニセダイコンアブラムシかモモアカアブラムシかワタアブラムシか
最初はワタアブラムシかと思いましたが、いくつかみているとどうやらモモアカアブラムシが圧倒的優勢か。
まぁ、どれであろうとアブラムシなので関係ありませんがな…。
コマツナも手ひどくコナガにばりばり食われただけでなく、アブラムシもぽつぽつついていました。
mini_140502_1753.jpg
昨日ジャックポット撒いたけど、仕方なくサンクリスタル乳剤をぶわぶわかけてアブラムシを窒息させる。
ていうか1㎜目合なので、実はアブラムシには効かなかったりもする。
ていうかそもそもコナガすら入れないはずなのですが、こりゃ安物買いの銭失いか?
明後日、牧農産の初出荷となるのはコマツナ。
それまで保ってくれればいい…。
GWにコマツナをブチ当てる作戦。何とかほぼ命中はする予定だが穴だらけなので別の作戦を実行せねばなりません…。
mini_140502_17530001.jpg
タイトルの非常に悪い兆候。実はこのアブラムシではありません。
んなゾウリムシみたいなうじうじ昆虫はテントウムシ様がたらふく食ってくれるし、
使用無制限の光魔法サンクリスタルとテデトールでジェノサイドできます。
で、
春キャベツは病気が少ないのですが、ある一点の条件で危険度激増。
それは高温。
アブラナ科、高温、とくれば軟腐病です。
しかも外葉出来て、地際部が風通し最悪。
そもそもこのキャベツ、殺菌剤は定植後のZボルドーだけしかやっていません。
しっかり地際部に掛かっていても、もはや効果はほぼ残っていない。
そこで
 農薬 殺菌剤 バイオキーパー水和剤 100g

 農薬 殺菌剤 バイオキーパー水和剤 100g
価格:1,296円(税込、送料別)


これをしょうがないので楽天で実際に今朝ポチりました。
BT剤に続いてまたもや微生物農薬です。
これは簡単に言うと、軟腐病がくっつく前に野菜にくっついて、軟腐病菌がくっつくのを通せんぼする、という薬です。
ですので
“軟腐病の症状が現れる前に”やらないと、まっっっっっったく意味がありません。
コナガやヨトウ、アオムシなんざ夜通しテデトール作戦で何とか対応できますが、
正直、これが出てしまったら完全にお手上げ(バンザーイ
早く散布したい!しかもまた天気不安定で高温多湿条件で加速する!
すると今日出荷しました!というネ申対応。
早ければ明後日に散布できます。
ていうかこれだけ暑くなる前、Zボルドー散布後に意識しなくてはいけなかったんですがね。。。
来季に活かします。

ついでに、キャベツやオクラの話ばかりで影が薄いけど、
最初からキャベツと一緒に育っているレタスさん。
外葉が全然出来ていないのに結球開始期入っちゃったがーーーーーーーー
しかも銀ネズ蒸し蒸し進行で抽苔の危険性をはらんでいる上に
隣の耕作放棄地からアブラムシの襲来!
こりゃ2玉100円の破格のレタス!?
mini_140502_1157.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/05/02(金) 22:20:42|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<農薬在庫~初収穫(5/3) | ホーム | 勝手に宣伝・拡散~千葉県木更津市の“耕す”~>>

コメント

こっちもアブラムシ

こんばんわ!
卒業式で名前を間違われた人ですw
ブログ更新おつかれさまです~ そちらも試行錯誤しながらなんとかやっているようですね。
こちらは4/23にナスを約300株ほど植えて、今日からトマトトーンで処理しています。
一昨日アブラムシが出たので、昨日アグロスリンを散布して即刻退場していただきました。
テントウムシの話題を見て思い出しましたが、散布のときにテントウムシの幼虫が結構いました。アグロスリン撒かなくても、もしかしたら意外になんとかなっていたかもしれません。
天敵を上手く活用していかないと、農薬費がかさんで仕方ないですね。
  1. 2014/05/03(土) 20:38:20 |
  2. URL |
  3. 深谷のネギ職人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: こっちもアブラムシ

こんばんは
300株というと4~5畝分ですかー。県北の方がアブラムシは多いイメージ。
早速劇物投与とは、容赦ないですな。でも初期防除は効果的でしょうね。
ナスはあとはチャノホコリダニやアザミウマ、カメムシ…。
実につく厄介なのが多いですから大変ですな。
ドリフト防止・天敵でソルゴーも、鳥よけしてからであれば効果的でしょうな。
  1. 2014/05/04(日) 20:18:31 |
  2. URL |
  3. 川越のキャベツ素人ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/51-dd171395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。