勝手に宣伝・拡散~千葉県木更津市の“耕す”~

ミスチル育てた小林武史さん、有機農業に挑戦 「ポテンシャルまだある」

昨日5月1日付のニュースでおっ、と思ったニュース。
2年前、夏に自分はリーマンを退職。元々栽培指導などをしていたのですが、いかんせん農作業経験ほぼゼロ。
とりあえず農作業の経験値を稼ごうと農業バイトを検索しまくりました。
そんな中で、10月中だけのエダマメの収穫・調整アルバイトの募集を発見。
10月にエダマメ?エダマメ作りたいから経験したい!
しかも住み込み!元々シェアハウスの経験もあるので何の問題ナシ!
しかも千葉県の木更津?どこだそれ?
房総半島?行ったことないし、初アクアラインじゃん!バカンスみたいだ!
あんまり悩まずにコンタクト。
というのが耕すとの出会い。
たった1ヶ月間ではありましたが短期バイトとしてお世話になったのです。
広大な敷地の中での有機農業。
自分がやってる、目指している農業と形や方向性は違いますが、
記事内でもありますが「素人の集まり」とは言いながらも、試行錯誤・創意工夫を繰り返し、
良いものを作って良い営業をし、そしてなにより、楽しそうに農業をしている彼らを見て大変良い刺激を受けました。
毎週土曜日には朝市をしていたり、各種イベント・駅前マルシェへの積極的な出店、通信販売もイベントごとに趣向を凝らしたり、
都内のデパ地下、ナチュラルローソンへの野菜の売り込みなどなど
自然派傾向を押している法人の中でも、そしてapbankという大きな後ろ盾を抜きに勘定しても
大変底力がある、と言いますか、メンバー達の力強さや懸命さが目立つ所じゃないかなーと思います。

貧乏舌の自分が言うのもアレですが、
ここの平飼い卵は超うまい。
耕すHP
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント