まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

中古トラクター購入で問題発生中→決着(10/3~10/15)

備忘録、且つ記録のため

前回の続き

10/3
9/28に一旦引き上げられた後に連絡。
これから修理工場に持って行かれる、とのこと。
今日は土曜なので月曜か火曜に見積もりの連絡が来るらしい。
そして連休明けには修理が終わるとのこと。
その時点で修理費が高くついたら返金する、と伝えておいた。
前回の話でも、初期不良なら無料で修理・交換が当たり前だろう、と
思われる方が大半だと思うのですが、それにはこちらの事情がある。
今まではトラクターを近くの苗屋さんに借りていたのですが、
一応研修期間が終わる3月いっぱいまでには中古トラクターを買いたいと思っていた。
そこでちょうど、かなり安い値段で状態の悪くなさそうなものが近場(隣県)で見つかった。
3月までの間で農機探しができるくらいに落ち着いているのはキャベツが始まる前の9月と
生育が緩いコマツナ、ホウレンがメインで出荷が忙しくなさそうな2月前半。
大雪警戒なのとキャベツ育苗が始まるで2月中旬からは厳しい。なので探している暇がほとんどない。
高くつかない程度で済むのであればそれで決着させたかったのであんまり強気に出れなかった。

10/6
見積もりの連絡。
ダイナモと、それ以外の電気系統に交換箇所があるような事を匂わす。
上述の件はありながらも、充電できていないのと同時に放電(漏電?)していることが明らかだったので、
ダイナモだけが原因だと言われたらそんなはずはない、と即時返金要求するつもりでしたが納得。
この時点で概算だが金額を伝えられ、これ以上は何か見つかっても請求しない、と言われた。
結局、当初値引いた金額分が元に戻った。
9/27に2度目のバッテリー上がりを起こしたせいでバッテリーを余分に1個買った分
こちらが損している気がするが、ゴネてもしょうがないし、
最初から軽油が満タンの状態で来た好印象もあり快諾。
また、トラクターを引き揚げさせるときに付けておいたこちらで買ったバッテリーは
上がって基盤が焼けたわけではなく、ただ電気が抜けてしまっただけなので
勿論充電して大丈夫な状態にします、とのこと。

10/10
工場から戻ってきた連絡。
ただ、バッテリーをつけていただけで上がった問題もあり、
確認のため数日後様子を見て連休明けに戻すようにするのでまた連絡する、とのこと。

10/12
放電も確認できず、大丈夫だろう、とのことで連絡。
連休明けの10/14に返却の連絡。

10/14
返却にきた。
ダイナモの中の部品交換と、もう一カ所の交換場所はケーブルを示された。
電気系統に関してオーバーホールのように全部見させたらしい。
エンジン一発で掛かる。
念を押す。
中古農機の性質上、多少の運転の癖は納得するし、しばらく経っての不具合はこちらで対処する。
今回のような致命的な問題がまた数日中に起きた場合、
こちらの作業への支障を考えて返金だけでは済まない、と念を押す。
そのまま1時間ほど耕耘。問題なし。

10/15
エンジン一発で掛かる。
1時間ほど耕耘。
数日後にまた耕耘する。

今回は修理交換までしたので初期不良は間違いなく、向こうに問題があった。
一番怖かったのは「中古農機なので現状優先。購入後の不具合は一切ウチは関係ない」
「おたくが用意したバッテリーに問題があるのだろう」と言い張られてしまった場合だった。
知ってて寄越したのであればもっと雑な対応をされていた気がしましたが、
そういう風もなく、かなり迅速で丁寧な対応だったのが幸いだった。
以降、この件に関して、続報は無い。
…と思う。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/17(土) 21:18:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<耕耘~レタス管理(10/14) | ホーム | (セット球・玉・長)ネギ管理(10/13)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/488-608d5e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)