まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

いろいろ薬散~日本の農薬散布量は世界一…だから?(10/12)

さてさて、

キャベツダイコンレタスの収穫出荷から始まる朝。
高くたくさん売れていいですね。
好調なキャベツ
1444737618621.jpg
だがしかし
ヨトウの猛攻がふつふつと。引っこ抜いて直ちに隣のクソ耕作放棄地にぶん投げる。
1444737556807.jpg
オオタバコガの猛攻もふつふつと。こいつはなんとかむき玉で。
1444737607730.jpg
1444737613388.jpg
今収穫している分のいろどりは9/21の薬散以来やっていない。
そら2週間以上も何もやってなきゃ出るわな。
前日おっけーのをやりたい気がしますがちょっとなぁ…。
で、
代わりと言っちゃぁなんですが、別のに色々薬散しました。
年内ハクサイは9/26モスピラン、アファームエクセラ、Zボルドー以来やっていなかったので
少しヨトウかキスジかの被害確認。
アクタラ顆粒水溶
プレバソンフロアブル
バシレックス水和
ホウレンソウ、9/17播種ハンター(カネコ)は10/1にプレバソンとアドマイヤやりましたが最後の薬散
アクタラ顆粒水溶
プレバソンフロアブル
バシレックス水和
年内キャベツの恋風(カネコ)は10/5にカスケードとフェニックス。アブラムシのやってなかった!
ので
アクタラ顆粒水溶
バシレックス水和
裏の畑に適当に植わっているリーフレタスら、定植前にジュリボフロアブル潅注のみだったのでヨトウ被害少し確認。
モスピラン顆粒水溶
プレバソンフロアブル
バシレックス水和
以上

9/23播種ちゃおちゃお(ナント)2枚定植
1444737586812.jpg
1444737592680.jpg
日中は暖かいのに朝晩寒いからか?10/10播種のトリガーがまだ発芽していないのに加え、苗の生育も200穴なのにゆるい。
けど植えちゃう。

恐らく、
このブログを読んでいる人は、何だかまきのさんは容赦なく農薬撒いているイメージを持っているかもしれませんが、
確かに種類は色々やってますし、農薬を使うこと自体に人並み以上の嫌悪感は持っていない。
ちょうどFACEBOOKのタイムラインに農薬反対の有機農家の知り合いが”いいね””シェア”した記事で
「日本の農薬散布量は世界一だ!」
的なのが流れてきた。詳しくは「日本 農薬 世界一」で検索すれば色々賛否の結果が出ます(丸投げ)
じゃぁ自分もこのも世界第1位に貢献しているのか。
これが果たしてフォローになるのか分かりませんが、農薬の散布量には倍率以外に目安として10a当たりの散布量ってのがあります。
どの農薬にも共通して100~300Lと書いてありますかね。
まきのさん、こんなん
 守 ろ う と し た 試 し が あ り ま せ ん 。
いきなりヤバイ発言ですが、そのような意味で申し上げたのではない。
例えば今収穫している6a程のいろどりキャベツの薬散。
いつも使っている15Lの噴霧器、3杯分で余る程度。
6aで40Lほど。10aで100Lも使いません。
ていうか、
想像して頂きたいのですが、一般的な大規模農家、300Lタンク目いっぱいに薬液入れて、3口くらいある大型ノズル、
あるいは両腕伸ばして翼みたいなノズル付きの機械、
正に”噴霧”という言葉がしっくりくるくらいにボワボワと撒布。
霧として良く見える分は空中で蒸発。
そりゃ数100Lなんてあっちゅー間になくなる。
コマツナ、ホウレンソウは大体上から下へノズルでネットをなぞって散布の往復。
キャベツハクサイは一つ一つくるくると
レタスはぐーるぐーる回しながら数株づつ。
ムダに霧になってしまわないようになるべく近い位置でぶしゅぶしゅ。
これやっても100L/10aなんてなくなりゃしない。この目安はいつも疑問に思う。
それだけ集中してやってるんだったらさぞ農薬で汚染された野菜何だろう、と思う方もいるかもしれない。
そうかもしれませんが、だったらもっと虫害が減っていても良いんですけどね…。
そもそもそれ食ったらどんな影響が出るというのか。
たまに記事内で”たっぷり”撒布したと表現することがありますが、その時はさすがに量(往復回数や撒布時間/株)を増やしています。
人によっては1000倍のを500倍とか濃いめにして…なんてのも聞きますが、
まきのさんはまきのさんのせいで問題になったらおっかないのでそんな怖い真似は断じてしていない。
そもそも
農薬代バカになんねーのにンなに沢山撒いてたまるか(怒)
という貧乏根性があります。

当然、ルールなので倍率、制限回数、収穫前日数を守るのは大前提。
逆に、このルールの範囲内だったら別にいいじゃん?という考え。
「日本の野菜は農薬漬けだとか、基準値がどうだとか言う奴いるけど
そんなんだったらハウスん中で毎週何十年も農薬播いてる俺なんかとっくに死んじまってるよ!」
「昔はほんともー、すンげー農薬使ってたんだから!」
と前の仕事で残留農薬の関係の雑談になった際、80近いキュウリ農家のじい様の現場の言葉を思い出す。
そらそうだいねー(群馬弁)
なんてことを考えながら、朝露に冷たさを感じる季節になりつつも、短パン・サンダル・素手のいつもどおりの姿で
マスクもテブクロもせずに普通物劇物問わず、薬の瓶や適用拡大など、スマホでたぷたぷ調べて確認しては
ちゃんとルールに従って間違いが無いように確認して薬散をしている。
そもそも、散布量が世界一だから世界一危険な野菜なのか、を論ずるのであれば
そういう方々は自分の発言に責任を持って、自分の防衛本能に従って、それらを率先して食べるべきではないのでしょうかね…。

尚、中国産の野菜は日本産の野菜の「20分の1」の使用量らしい。

他、
1反5畝の耕作放棄地へプリグロックス(毒物)をぶしゅぶしゅ…
1444737625190.jpg
1444737631258.jpg
と思ったら足元にぬるっと蛇!
こええええええええっ
何が落ちてるか分からないのにフツーにサンダルなのですが、蛇はさすがに怖いので中止。
後日長靴履いて出直すことに。
そういやレタスの所にも小さい蛇がいたな。そういう季節なんですかねぇ
スポンサーサイト
  1. 2015/10/15(木) 22:32:36|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(セット球・玉・長)ネギ管理(10/13) | ホーム | 高値の内にキャベツ収穫(10/11)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/486-d464d6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)