まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

草むしりばっかり~フロアブルに展着剤って…(9/14)

さてさて、

今日は草むしりデイ
まずはキャベツ畑の株間の草。
あぁ、でっかくなったから抜きやすいわぁ。
1442236964112.jpg
最初に収穫が始まるキャベツら(いろどり)の鍬中耕も着々。
1442236970695.jpg
外葉もぐいぐいスパートをかけています。
そして、キャベツ畑で耳を澄ませば、
1442236975736.jpg
結球の足跡が聞こえるようになってきました…(慢性キャベツ中毒者に見られる幻聴症状)。

ネギ畑のじゅうたん、
1442063641751.jpg
12日にナブ乳剤をかけたのですが、
全然きかねぇ…。こうかはいまひとつのようだ…。
少しチリチリになってますが、思っていた程の効果は得られず。
痺れを切らして、てか雨がまた降ったらまたできないのでひたすらむしる。
1442495641266.jpg
↑写真は16日のものですが、右1列目と畦道の間の1列をこの日にやりました。

草むしり以外にやったことは
12日土曜日の白菜定植の続き。
8/27播種の郷秋60日3枚。
1442063770817.jpg

1442236957759.jpg
今日は本当に草むしりばっかりで終わりましたとさ…。

他に書くことが無いならたまにはさっくり終わればいいじゃねェかって思われるでしょうが、
今日の分は他に書くことが無いので、先日の作業でおっ!これいいやんけ!と思ったことを1つ。
9/11にキャベツにアファームエクセラとライメイフロアブルを使った時のこと。
今まで乳剤やフロアブル剤を使った場合は展着剤を使用していませんでした。
というのも、乳剤、フロアブル剤には既に界面活性剤が使われているので必要ない、
的なことを聞いていたのでその理由でした。
でも、色々調べてみるや、
乳剤やフロアブル剤に使われている界面活性剤は
農薬の粒子を水に分散させるためのもの
であり、
展着剤の界面活性剤は植物体に付着しやすくするためのもので、
役割が違うので効果はある、とのこと。へーっ。違うのかー。まあ、そりゃそうか。
確かに、まきのさんが良く拝見している農作業ブログの方もフロアブル剤に展着剤使ってたなぁ、と思いだす。
実は、薬散していて結構近くでゴワゴワやってやらんと付着しないんだよなぁ、
なんてキャベツの葉のワックスの防御力の高さには薄々気付いていた。
比較できれば一番いいんだけど、まいいや、やってしまえ、とアプローチBIを添加。
で、
1442063506145.jpg
1442063498058.jpg
あれ!?
さっとかけただけなのについてるうううううううう!
と割とここ最近で一番驚く。
あっ!こりゃいい!
フロアブル、乳剤の出番が多くて購入してからとんと減る様子の無かった展着剤の使用量が増えそうです…。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/17(木) 22:47:54|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャベツ・ネギ圃場のの草むしり~中古農機探しへ…(9/15) | ホーム | はだいこんはだいこん~キャベツ中耕(9/13)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/458-d0c1af8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)