まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャベツ薬散~植物防疫法とイモ(8/24)

さてさて、

最初に定植したキャベツもとっくに14日を過ぎたので、
ジュリボ師匠の威光もそろそろきつくなってた。
ハイマダラメイガをやや確認。
中耕もですが、早く薬散をば。
一発目はちゃんと強いやつを
パダンSG顆粒水溶剤

特にコナガに良く効くチョウ目バスター。
劇物指定で良く効くのにあまりにも安い…。
アクタラ顆粒水溶剤
 農薬 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 100g

 農薬 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 100g
価格:1,008円(税込、送料別)


アブラムシ対策。はっきりしない天気が続いているので
今後も続くのであれば最近毎年秋の乾燥で発生しまくるアブラムシも少な目か?
モスピランと迷ったけれどどちらも残効生長いしいいや、とチョイス。
バシレックス水和剤
気休め程度のBT剤。BT剤は安い安い言われてる、
且つ野菜類の登録で回数制限もない比較的クリーンな農薬ですが、
このバシレックスは他のBT剤と違って1000倍ではなく500倍。
最近気づいたのですが、これって値段同じでも、
濃度的に倍使うから却って高くつくんじゃないだろうか???
殺菌剤としてZボルドー水和剤
初期防除の鉄板なのですが、実はパダンと相性が悪いという。。。
ただ、今後曇りや雨が続きそうだったら秋作なので尻腐れ、菌核警戒で他の予防殺菌剤を、
或いはZボルドーだけ単品で散布か。
フロアブル、乳剤が無かったので
アプローチBI展着剤をし添加
定植日は違うのですが、どれも活着はしているので6a分にまとめて散布。

秋バレイショを植えたのですが、
微妙に用意した畝の分が足りず。
で、ホームセンターに言ったらどこも売り切れ!
秋バレイショはご存じのように非常に種イモが高い(1㎏10玉ほどで600円)
何件かハシゴして、おおっ!あった!と思ったら大玉サイズ6玉くらいで600円。。。
切るの怖いので断念。じゃぁ、余ったところはダイコンでも…
でもそうすると同じ畝で登録無い農薬でアレ的にアレだからなぁ、なんて思ってたのが昨日。
その昨日、初収穫のキュウリで小銭を拾いに行った直売所で思わず二度見。
普通に食用としてアンデスレッドを発見。燈台下暗し。食用で売ってたとは思わなかった。
6~8玉で160円
アンデスレッドはニシユタカやデジマと違って小玉なので1㎏で15~20入ってますが
そう考えてもどっこいどっこいか割安。
ていうかニシユタカやデジマに比べてコスパがよさそうなのでむしろこっちが良かった。
ので、
1440748726368.jpg
買い占めてきた。いくらもなかったけど。
出荷していたのはたまに会ってはオクラトークをしていた人だったので後で報告して話のタネにしよう。。。
ぶっちゃけ、ちょいとぷよぷよだったり、
中の腐れやらカビがあったり芽がガッツリだったので食用にしちゃ保存状態がアレでした。
でっかくて且つ数が微妙だったので、禁じ手半切定植も
1440748737040.jpg
1440748868889.jpg
1440748875718.jpg

他、
ダイコン播種の続き
YR夏みのり(カネコ)9227マルチ20m分。
前回8月19日に播種した分は発芽上々ですが、2粒落としで、たっまーに何もないところ、
或いは元気のない双葉もあったりしたのでちょい追い播き。
種が余ってることもあり、管理も楽なので、少し場所が空いたらもっとダイコン播きたいな。。。
1440748705681.jpg

土木作業
入り口の坂道に砂利を敷いたりあぜ道のへこみに泥を足したり
1440748716590.jpg
1440748801787.jpg
1440748747159.jpg

※法律に関するちょいと難しいお話※
ジャガイモに関して
食用を種イモに使用、はおっけー
種イモを食用として販売、はダメ、絶対
これは何となくわかりますが、
逆に
食用を種イモとして販売、もダメ、絶対
別に食っても平気なモンを植えてもいいだろう、と思うのですが、
種イモとして”販売”となると完全OUT
とある法律に引っかかります。
ある地域の大きな種苗商店がコレをやっていたらしく、検査員が現地視察。

検査員「これは何やってんですか?」
パート「食用のを種用に入れ替えてるんですよ^^」

速やかに社長重役逮捕→倒産
利ザヤの関係で、ダメだと分かっていたのにやっていた、完全クロ。
随分でかい会社だったのに、バカなことをやったよ…。
何て面白おかしく、前の会社で上司に教えられたのですが、
ここで記事にするし、詳しく調べてみたら、事情は少し違って、
ホクレンの関係者が偶然市場を視察していた際に発見したとのこと。
すげぇ引きを持ってるな…。
不当表示の関係と共に、
「植物防疫法」に盛大に引っかかります。
最近、

ジャガイモシロシストセンチュウが日本で初めて確認された

というタイムリーなニュースがありましたが、
ジャガイモは重要食料でもあり、当然病害の蔓延は国内食糧における特大ダメージとなりかねません。
ですので特にジャガイモに関しては種イモとして販売されるものについては厳しい検査が必要となります。
多分、種イモを買ったことがある、見たことがある人は
段ボールや袋に判が押されていたり、検査合格~みたいな商標が貼られているのをご存じでしょう。
それだけ重要性があるので、種イモの扱いは代表的なホクレン、だったり秋ジャガや希少種については
ちゃんと農協や組織が絡んで検査をしっかりしているようです。
尚、上述、種苗商店はホクレンの商標がある袋に入れさせていたとのこと。えぇ、完全真っクロですわ…。

で、
上述、自分は種イモ用として食用のアンデスレッドを買った。
直売所なので食用として売られていたもの。
…。
種用、食用問わず、”種いもとして販売”目的ではないので
種いもに使っていいんだよね???法律的に平気だよね???と少し不安になる。
検索しても、やふー何とか知恵袋とか個人のブログでは大丈夫、とは書いてあるけど
法律的に問題ない、旨は無いので少し気になった、ので
埼玉県の植物防疫の関係の部署へ試しに聞いてみた
やはり法律関係なので、一回電話を切って、かけ直してくれました。
結果、

食用として販売されているイモを種イモとして使用することは
種苗法や植物防疫法などの違反にはならない。
但し、ウイルスやセンチュウなど、食用の栽培された環境が分かりかねるので、
やみくもに使用するのはあまりお勧めしません

と回答を頂いた。
まぁ、確認の為でした。
それに秋作です。粉剤処理が無いので土壌病害で一発アウトの危険性も孕んでいます。
少量ですし、そん時ゃそん時か。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/28(金) 17:22:05|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雨前にキャベツ定植~冬、越冬作準備(8/25) | ホーム | 刈払DAY~NL513に名前がついた>>

コメント

以前、パダンとBTを混用して使ったら、タイミングによってはかなり効いてくれた記憶がある。
その時は、スカッシュを展着剤にしていたけどね。

イモとかは、種苗法上の品種登録がされていなければ、食用を商用の栽培に回してもよい。という判断なのかな?
  1. 2015/09/04(金) 22:42:00 |
  2. URL |
  3. かいち #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>かいちさん
パダンはとりあえず、コナガに良く効いてくれたなぁ、という印象とナメクジ対策から。
展着剤は機能性展着剤だから、という理由でアプローチBIを使ってます。
フロアブルや乳剤があるなら展着剤は不要論があるのであんまり使わないですが、
よく拝見しているブログの方は気にせず使っている模様…。果たしてどうなのか。。。

YESかNOかでしか聞かなかったので、法律上は問題ない、とのことでした。
恐らく種イモとして販売するとなると植物防疫法に引っかかるのだと思われます。
バレイショに関しては例外みたいな難しい条文があります。
  1. 2015/09/04(金) 23:15:22 |
  2. URL |
  3. まきのさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/442-1facdc8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。