まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

キャベツキュウリに潅水~キュウリに殺菌剤(8/8)

さてさて、

昨晩の夕立もあり、
1439384763341.jpg
昨日定植のキャベツ畑は潤っている。よしよし。
とりあえずオクラの収穫出荷をしたらキュウリの灌水500L
1439384870746.jpg
こんなかんじでシャワーを外してどばどばと支柱の外の農道からやっているので、手前はいいのですが、
1439384896870.jpg
奥の畝は泥はねが気になります。。。
ですので薬散、
ダコニール1000
プレバソンフロアブル
アクタラ顆粒水溶剤
エスマルク水和剤
の4剤+液肥。
ダコニール以外は前回オクラに使った薬液がそのままだったので、ついでに引き継いでやってしまう。
一応、定植前の苗に殺菌剤はジマンダイセンを使っておきました。
予防剤としてはZボルドー銅水和剤を盲信していますが、
葉っぱがゴリゴリになりやすいのでキュウリにはあまり向いていないと独断と偏見をもっているので回避。
キュウリ苗の殺菌剤に、よく「硫黄粉剤」を使われているのを知っていたので
ジマンダイセンは”ジチオカーバメート”系の保護殺菌剤。
有機硫黄なので効果があるだろう、とやっておいたのです。
でもってじゃぁ今度は。。。と定評のある
ダコニール1000  500ml

ダコニール1000  500ml
価格:1,728円(税込、送料別)


をチョイス。
一応、記事に農薬を載せるときには(調べるの好きなので)その農薬がどういう機構で働くのか
を調べるのですが成分、TPN…
とりあえず広範囲に効きます、耐性菌がまだいません…
くらいしかメーカーの説明すら載ってない。
まぁ、
塩素系なんで適当によく効いてくれるんでしょうね…。
とりあえず”成分的に”効くモンが入ってるのでダイジョーブ的な
有機リン系、合ピレ系に通じる説明の煩雑さである。まぁ、効くんでしょうけどね…。

朝見た時は元気でしたが、お昼頃には
1439384805199.jpg
1439384837140.jpg
キャベツがぐったり…
てか昨晩の夕立がたいしたことなかったことがバレバレの乾燥具合。
慌てて灌水をば
1439384857924.jpg
キャベツには1000L潅水。
周りではやれサトイモ、やれ花苗めがけてチキチキと自動スプリンクラーが何時間も回っていますが、
この畑では
ホースを伝って水を噴射する、までが自動で
水を汲んで、運んで、撒く、までが手動
半自動スプリンクラーを採用しています。
ういーーーーーー時間がかかるっガソリン代もかかるっ
スポンサーサイト
  1. 2015/08/13(木) 00:05:35|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャベツ播種・灌水作業~鶏糞まき(8/9) | ホーム | キャベツ定植及び潅水EVERYDAY開始(8/7)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/430-2196f476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)