まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現地確認ご来訪~秋作準備が終わらないー(7/30,31)

さてさて、

ルーチンのオクラの収穫出荷は市場出荷。
秋作準備のための草取り云々
断じてこの後の為ではない↓

午後イチに7月16日、台風の日に予定されていたために延期となったお役所方々が来ての現地確認が開催。
お師匠さん、県職員、市職員、JA、農業委員会。
去年はいつ来たのか記憶が定かではないのですが、
初作という事もあり、ほぼオクラとキャベツだけだったので

ま「今年は余裕があるので来年は品目を増やします(ドヤァ」

何て言いましたが

ま「今年は手が回ってないので来年は品目を絞ります(汗」
ま「キリがないんで、オクラの畑は草取りやってません!」
ま「キャベツは全滅しました!全部初期生育時の乾燥のせいです!」

と草だらけのオクラ畑を眺めている方々に開き直りとも取れる言葉を丁寧に?並べ立てた後、

ま「でもオクラとキュウリ、モロコシで頑張った甲斐があって、先月は売り上げ30万、今月は売上40万行きそうなんで勘弁してください(ドヤァ」

とお役所が一番気になる、こいつ生計建てられんのか?という疑問を払しょくする金の力でとりあえず乗り切った。
で、今回のメンバーで技術的なお話をもらえるのがお師匠さんだけ(JAは事務方の人)だったので、
そのお師匠さんからアドバイスを頂けた。
・オクラ畑はいつも使ってる

の緑肥も良いが、完全にシャットアウトしたいなら

でもいいじゃん。使い終わったら畦道に使ったらどうだい。
あー、言われてみりゃぁそうだー。割高だけど、畦道に、或いは毎年使えるからなー。
どうせ追肥はすべて葉面散布に任せているので畝間シャットアウトでも問題ない。いい考えだ。前向きに検討。

・とうもろこしについて、
マルチをどうしようか、この辺の人たちはどうしているのか気になっていましたが
この辺の人たちは膝丈くらいになったらマルチを剥がして
中耕培土→草が生えたらまた中耕培土か草取り→収穫終わったらそのままハンマーナイフで木端微塵
らしい。生分解は高いし、光分解は思っていた通り、風の強い地域なので周りへの飛散で迷惑になるから使われていない、とのこと。
えーっマルチはずしてるのかーっ!と初耳。
ちょっと、来年はトウモロコシを増やすので、この方法も前向きに検討。
てか、その方法で行くべ…。
今回台風で倒れたのは4月25、28日播種。
秋作準備がぎゅうぎゅうなので、来年は4月20日くらいまでにして早めに切り上げよう。

で、その秋作準備。
現地確認が割とスタコラと引き上げてしまったので
1438608921758.jpg
一番ひどいところを見られずに済んだという。※一応白状済み
裏の畑のサラダ白菜跡である。
昨年は定植後の灌水不足による高温乾燥で、
今年は曇天続きでトロケ(多分軟腐由来)が多く、大雨が降った後の照りで軟腐が一斉発症。
潔さは大事です。
2作続けて失敗したので、来年はサラダ白菜は作りません。
ほったらかしにしてしまったので片づけをば。
1438608929375.jpg
こんな状態、図鑑や農業サイトの病害虫ページでしか見たことねーわ。
トラクターでまたいで高さ調整、ロータリーでゴロゴロ
1438608936720.jpg
白菜はばらばらになってくれるので、トウモロコシと違ってマルチが剥がしやすい。
但し、軟腐臭ぇ…。
記事を30日31日いっしょくたにしてしまいましたが、
両日とも市場出荷、市場がカインズのある鶴ヶ島に向かう途中にあるので
そのままカインズへ鶏糞と肥料を軽トラいっぱいに。
早く鶏糞もキャベツやる予定の所へ撒かないといけないのですが、
まずは見栄えの悪い↑裏の畑の耕耘を優先。
ちょいと8月まで秋作準備がずれこんでしまった。
嗚呼!準備遅延!準備遅延!

そういや、
今月7月分の売上は月別売り上げの記録更新となりました。
直売販売金額では約55万、手数料差し引いたら40万ジャストくらいか。
市場のは計算めんどいので結果の郵便待ちですが2万くらいか。
モロコシが台風で倒れなければ、或いはトマトやピーマンなど余計なもので手を煩わせなければ、
加えて結局ダメだった、ダメにしてしまったサラダ白菜で手を煩わせられなければ
もっと行ったはずだ、とタラレバ前提ですが、確信を得た。
かなーり、忙しかったけれど、来年の目標が出来ました。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/04(火) 01:46:56|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<キャベツ播種と定植準備(8/1) | ホーム | ネギ定植も…~離農(7/29)>>

コメント

なるほど!

私の場合はみかん栽培だけれども近くの農家さんは春、秋は中耕培土している様子を見かける。私も少しずつそういう方法を使ってみようかと思っています。先のコメントに返信してくれてありがよう!
  1. 2015/08/06(木) 11:24:58 |
  2. URL |
  3. ブログ読 #.f9mXBJc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/422-246b651e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。