まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネギ定植も…~離農(7/29)

さてさて、

連日の暑さでオクラは元気いっぱい。
昨日の夕方と今朝で150袋。全部市場出荷です。

ネギの定植準備を昨日終わらせたので、今日定植。

こいつで楽々定植。
1438178463522.jpg
一応30枚長ねぎを播いたのですが、
ええっと…。
うーん。
どうもまきのさんのテンションが上がらなかったため、苗の揃いがべらぼうに悪い(放置気味で灌水不足)
一応…25枚植えたが10枚ほどは立ち枯れ続出+枯死で微妙。
翌日にはカラッカラなので尚更不安が残る。
1438608972033.jpg
尚、
 半 分 ほ ど 潰 す 気 満 々 で あ る 。
直売所で売れる品目だと思って作ったのにこのザマである。
水やる暇。。。無ぇ気がするもん…。
ネギはタマネギでいいし、潰してキャベツ植えるかな?
…。だったら最初からやるなよ…(呆)。

※注意:長いし暗い話※めんどい人は一番下の数行だけ読んでください※
今日は他に書くことが無いので、タイトルにも入れましたが、
近々、ごく近所で離農者が出るらしい。
あっそ、ふーん…。
別に自分には全く関係ない…ことが無いのでちょっと面倒くさい。
直接ではないのですが、間接的に…うわぁ…みたいな。
最近割と近隣で続いている悪い流れなのですが、ご不幸や年齢的な理由…ではないので一層ドン引き。
その方は県外出身の新規就農者で、まだ若い方。なるほど自分と似たような状況の方。
さらっと聞いた感じでは家族の理解が得られなかったから故郷に帰る、的な理由らしい。
まきのさんは自己管理出来てない人、やる気の無い人には非常に冷たい性格。
知らない人ではないので”理由はそれだけじゃない”だろうと何となく感じているので
尚更それ以上の経緯や理由ははっきり言って興味が無い。
むしろ、逃げ場所を残して無関係の土地で挑戦しようなんて覚悟が足りないんじゃねぇの?と一蹴します。
結果的に後を相当濁して(いきそうな予感…)ドロップアウトされるなんざ、
今後、新たなる挑戦者(自分も含めて)が相当やりづらい状況に晒されるし、
サポートしてくれた、遠くから眺めていた周囲の方々の理解や協力が得られなくなる。
あぁ、この変なタオルメガネも同列のヨソモンだんべ…と思われてしまうんではないか?
或いは新たに来た人が、この前この近くにこんな困ったチャンがいてよー!
なんてテンション下げる扱いをされてしまわないだろうか?心配です。
余計な真似してくれたなーほんともー…
とまきのさん、冷たい発言をためらいません。

新規就農者は近年各都道府県で目に見えて上昇傾向がある
(ソース:FACEBOOKでタイムラインに流れてくる農業新聞の見出し)。
市町村や周囲のサポート、制度が充実つつあるので新規就農の敷居が良くも悪くも低くなったのかもしれません。
あくまで農業、新規就農は独立・起業なので、資本(金と体)と土地と人間関係。
これについては農業だか人間関係は得意なところありますが、普通の独立・起業と同じ考えでいいんじゃないでしょうか。
ただ、農作物を扱うのでどう売るかで技術とスタンスが大きく2つに絞られます。
JA・市場出荷だけだったら、根っからの一次産業で、一層技術と規模拡大など、”太さ・強さ”が求められ
直売出荷・個人出荷だったら一次産業に加えて三次産業なので、ニーズや需給での販売優位性や多彩な畑回しなど技術の”広さ”
と買って下さい、どうぞお願いします、と頭を下げる”弱さ”が求められるんじゃないかなーなんて思います。
最近、やれ社会人経験者だから、とか付加価値をつける、或いは六次産業が、とかカッチョイイ言葉が先行しているからか
「儲かる農業」
じゃなくて
「農業は儲かる」
と勘違いしている人が多いんでないだろうか?
自然と触れ合って楽しく生活できる♪
無農薬栽培で子供たちに安心安全な野菜を作りたい。
※オーガニックや無農薬栽培自体を否定しているわけではありません※
東京砂漠に疲れ果てたので規則正しい農的生活で食べていきたい。
…なんか新農業人フェアとか行くとゴロゴロいる。
そんなNHKの趣味の園芸を見てやる気を出した素人や、人生の楽園やDASH村を観て農業ってこいつらにも出来るんなら自分にもできるんじゃね?
な人は現実知って新規就農前段階で諦めてくれるか、かなり力を入れて歓迎ムードの市町村の支援を受けられれば幸いか。
何だか自分がちいさいころから思い描いていた新規就農像と最近の新規就農像にギャップを感じてしまいます。
今の時点でまきのさんがやってる農業は直売出荷数件と市場出荷。
加入する際に直売所に挨拶しただけで、商品の営業、売り込みはほぼしていないし、しばらくはしない。
何か作って売るだけのつまんなそうな農業、古臭い農業やってるな、と思われるかもしれない。
まぁ一人じゃそれ以上手が回らない…のもある。
でも、
毎日管理が大変ですが植物と顔向き合った仕事をしたかったので、その仕事をしているので
完全に、本当にストレスフリーの状態。明日明後日来月来年何しよう!ワクワク!な状態。
だから毎日(最近寝坊しますが)頑張ろう!といちいち気張らなくても自然と畑に足が向かう。
ンな脳みそお花畑状態なのはいいが、そんなんで食っていけるのか?と思われるかもしれません。
ぶっちゃけ今の時点でも、今の時点でも(強調)食っていける感触はつかんでいますし、
売上はまだ30代前半の人間としてはアレですが、今年から生活費に何の問題が無い状態に、なりつつある。
これから先、この状態で規模拡大して、別段、そういったカッチョイイ言葉を織り交ぜた現代農業にしなくてもそこまで問題が無い、と思っている。
自分の農業はこの先、十年数十年と、野菜を作って売るだけの農業…なのかもしれませんが、
別にそういう昔ながらのダサい、変わらない農業でもいいじゃないか、と思っています。
まぁ、明日明後日どうなるかなんてわからないですけどねっ
尚、新規就農の持論、正解、間違い、云々はそれぞれなので特に賛同も反論も必要ないとお思いますので
この辺ただの独り言です。


お役所で新規就農担当されていた前任者の方の言葉が重い。
>「大変厳しい世界に来たと思いますよ」
>「農業を断念する時」の大きな理由の1つが、「1人だと感じた時」だそうです。
そして異動の際の言葉も
> いろいろありましたが、皆さんと仕事ができて幸せでした。本当にありがとうございました。
重い。
でも、重いものは…持ち上げたくなりますよね。

長い話を要約
野菜を作って、そして売れ
以上
スポンサーサイト
  1. 2015/08/04(火) 00:33:01|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現地確認ご来訪~秋作準備が終わらないー(7/30,31) | ホーム | ネギ定植準備(7/28)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/421-0b448097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。