まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

眠い…暑い…~キュウリ定植開始(4/29)

さてさて、

ここ数日、日中暑い中作業をしているからか、帰ってからもほくほくと体温が保たれているらしい。
要は何が言いたいのかというと、
帰ってシャワー浴びて飯食ったら眠気がMAX。WEB漫画見ながらいつの間にか寝落ちしているDAYS
そりゃブログの更新も滞る、
と言い訳をば。

まきのさんのメモ帳に
「眠い…。暑い…。」
と悲痛な言葉が遺されていたように、どうやら川越は29℃…とtenki.jpは言ってる。
暑くても午前中はコマツナとタマネギを収穫出荷。
午後はまさかの1時間ほどの昼寝。耐暑性×のまきのさん、早くもダウン。
おいおいコイツ夏乗り切れンのか?
しょうがねぇなぁ、とアラームに舌打ちしながら今日の予定だったキュウリの定植。
1430399964872.jpg
1430399977805.jpg
1430400001116.jpg
といっても、植えたのは88本だけなんスけどね。
夏秋節生り×台木…品種失念
定植前、植穴にどばどばシャワーで水をたっぷり。
マルチの中も大分乾いています。
そこに
アドマイヤー1粒剤 3kg

アドマイヤー1粒剤 3kg
価格:3,218円(税込、送料別)


を、キュウリ2g/株で土壌混和。
とりあえず一発目、順調にいけば6月上旬には収穫できる、はず。
でもって3月2日に自根で播いた北進(タキイ)奴もそろそろ、結局40粒播いて30本くらいしかないけど、
それもそろそろ植えて、次のが4月25日に播種した夏すずみ96粒分。80本は出来るだろう。
これが6月下旬から収穫か。
皮算用ですが、そこから先、
6月上旬に播種して7月下旬、最初の接木のがバテるのを待って処分、その場所へ定植。
8月上旬のクソ暑い時期から暑さを何とか乗り越えて、
昨年値段が良かった彼岸時期まで目指して収穫していくリレー方式で。
短い期間での連作になりますが、まぁ、病気もなく上手くいくといいですね。
借りに植えられなくても、ポットに仕立てて苗で直売所に置く、という荒業も可能。
昨年、彼岸に獲ったキュウリ、盆前に買った気がしましたが1本自根で180円くらいした。
どう転んでも元は採れるつもりで動くか。

他、
昨日播いたコマツナ、べかな、40m×2本へ支柱差し。

緑肥ニューオーツ播種。1㎏分播いて1mおき×50mを8本くらい
1430400009336.jpg
昨年はオクラ、その後は4月上旬までキャベツを獲っていた箇所。
今回はここには何も植えない。
多分次の秋作のキャベツはこっちから植えていく。

ほったらかしにしていた最後のマノアレタス、4枚分定植。
播いた時期も4月近かった、ような気がしましたが、
まぁ、上手に出来るといいですね…。
とテンションダウン気味。

おまけ
昨日マルチを敷いたとき、キュウリ畝が微妙に足りなかったので
マルチを買ってきて足したのですが、
そのマルチの外紙を引っ張って剥いでいるときに特殊能力:不器用、発動
マルチ顔面直撃で
1430399947859.jpg
メガネ大破
アロンアルファで事なきを得る。ちなみに今年新年早々、逆も同じように大破したが、
アロンアルファで事なきを得た。

おまけその2
1430399939502.jpg
葉たまねぎ…と言っていいのか、6月収穫予定の晩生たまねぎ。
何も薬剤使っていなければ、葉たまねぎで十分戦えた。
正直、アザミウマの発生次第ですが、ちょっと来年考えよう。
煮たり炒めたりして食べたら香り抜群で美味しく食える。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/03(日) 05:25:36|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最後のトウモロコシ播種(4/30) | ホーム | モロコシ果菜類のマルチ張り~夏前最後の葉物播種(4/28)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/373-d8a0e0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)