まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

薬SUNDAY~ジュリボ安かった(4/12)

さてさて、

午前中はルーチンのホウレンソウ調整・出荷。
もうぷちぷちむしっては洗う作業は飽きたんで終わりにしたいですが…
次はコマツナが控えている件について。

今日はお昼から夕方にかけてポカポカ陽気。とは言え明日明後日はまとまった雨が降り
且つしばらく曇天。よろしい、ならば薬散だ。
今日は薬散デー、薬SUN…なんでもないです、ハイ。
まずはコマツナの薬散。
2月27日、3月3日播種分へ2回目、3月18日播種分へ1回目の薬散。
後播きの分は案の定先播きと同様に本葉2枚程度の状態でアザミウマ確認。
先播きのはスピノエースがどうやら”こうかはばつぐんだ”
ぱたりといなくなった(と思う)
まとめて全部やるなら同じ薬剤…でも1回目のはスピノエースがいい、でも14日制限があるのでどうしようかなー、と探していたら
ディアナSC 100ml

ディアナSC 100ml
価格:3,002円(税込、送料別)


良さげなのを発見。
成分スピネトラム。
名前からして、と思ったらスピノエースの成分スピノサドの親戚らしい。
スピノエースみたいに有機JASでもおっけー指定にはなっていないですが放線菌由来の成分(化合物だからだめなのかも)。
でもスピノエース同様、チョウ目に加えてアザミウマにも効果がある、且つ前日おっけー。
こいつぁ期待できるゼ。収穫直前の先播きにも可能ってのもうれしい。
プレバソンとジャックポットを合わせてぶしゅぶしゅ。
しかし、農薬業界も萌えキャラに走り出したのかw?

続いてキャベツ菌類病害に鉄板の

で防御力を高めてやります。
オクラにしか使わないリゾレックス水和剤と同様、500gが多すぎるのか、一向に減る気配が無い。
でもって安いので実に経済的でよろしい。
雨前の銅剤は効果も良しなので、やらない理由が無い。
でもって、そろそろ3月20日定植分のキャベツもジュリボの効果が怪しくなる頃だし
※番組の途中ですが、ここでCM入ります※
「先生」の愛称でもはや定着しつつある「プレバソンフロアブル」
その効果にメーカーもよっぽど自信があったのか、発売当初は処理済、無処理のブロッコリー実物を同じプランターに入れ、
各JA、種苗店の店頭に置いて、その圧倒的効果を見せつける、という異例の実演宣伝を断行。
その殺虫効果と残効性だけでなく、続々適用拡大で汎用性大、しかもその残効性の割に収穫前日まで可能、
もはやチョウ目対策には外せない、産地での評価も爆発的な勢い。
特に、
撒布だけでなく、定植前の苗への200倍潅注で心配な定植直後の苗をアオムシ、ヨトウからしっかりガードできるという、
実に嬉しい処理も可能。
このプレバソン先生とチアメトキサム…つまり(多分)アクタラがタッグを組んだのが
ジュリボフロアブル
処理は潅注に限りますが、チョウ目に加えてアブラムシ、キスジノミハムシにも効果がテキメン。
こいつぁキャベツ好き、レタス好き、ハクサイ好きにはたまんねぇぜ(じゅるり)!
だがしかし1本8500円くらいするという高級薬剤。
こいつ1本買う金ででうまい棒850本も食べられるじゃねェか…!
買えるかこんなモン!
…とお嘆きの方に朗報です。
ジュリボフロアブル 250ml

ジュリボフロアブル 250ml
価格:4,838円(税込、送料別)


なんか楽天で見っけた。
他の店舗が軒並み8000円台なのになんぢゃこりゃ!転売価格じゃねェか!
実はジェリボとかジョリボじゃねぇのか?或いは250mlじゃなくて100mlとか!
恐る恐るポチって見て、万が一100mlだったらお店へ鬼電鬼メールの覚悟でしたが
ちゃんと250mlでした。賞味(?)期限も平気。
なんでこんなに安いのか、桁一個間違えて発注しちゃったんですかねぇ?
とりあえず、ジュリボユーザーの方いたら必見。
楽天アフィリエイトポイントのために安価での農薬の情報として是非ご活用ください。
※引き続き、ブログをお楽しみ下さい※
コマツナに使った薬液そのままでコナガ対策でパダンSGも加える。
さすがに5剤入ってるのでアブラムシのはまた今度。
ていうか記事書いてる今日気づいたのですが、パダンと銅剤の相性悪いみたい。。。
まぁ、
どんまい…。

他、
昨日2粒落とし用の穴あけといた25m分の9515黒マルチへ向陽2号ニンジン(タキイ)播種。
9515がもう一本あるのですが、もうニンジン遅いからなあ…。
そのまま雨上がりすぐにニンジン播くか、ホウレンソウ播くか…。

ホウレンソウ圃場の片付中。
新地(あらち…はやはり用語なのか、変換では出ない)の割に雑草がハンパないのは
地主さんが風除けに麦を播いては鋤き込んでいたからか?
とりあえず雑草をそのまま鋤き込むのは雑草増やす一因になるので大雑把に引っこ抜いて残渣穴にぶん投げる。
2本目まで途中。イヌガラシの根っこが厄介だー。
1428840140683.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/04/13(月) 21:50:20|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<全休(4/13) | ホーム | 播種・播種準備色々(4/11)>>

コメント

牧野さん、こんにちは。
薬剤、悩みますよね。安いもんではないし・・・
ウチの近隣の法人さんは、周年小松菜やってますが、ここ最近、「フォース」が効かなくなってきたと嘆いています。代用で「ダイアジノン」を使ったようですが効果持続性が短い、らしいっす。
小松菜とはいえ、何年もの連作ではなんらかの障害が出てくるのですかね。あとは土壌消毒かなあ(露地での大面積は大変ですが)

新地って作物の出来が良くありませんか?
草ボーボーを無理やりウナい込んで作付すると、1~2作は出来が非常に良い(草管理には苦労しますが)
ウチの近所のお年寄りたちは「めずらしいから」という言い方をします。
有機栽培や自然農法の人がこれで勘違いするのもうなづけるほど出来ちゃうんですよね~(ウチの地域だけかな?)
でも何年かすると、肥料の効きもだんだん他の圃場並みになっちゃうんですが・・・

  1. 2015/04/14(火) 10:04:56 |
  2. URL |
  3. きむら農園 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>木村さん
こんにちは。いつもありがとうございます。
うちの地域では播種前フォースとスタークルが定番です。
スタークルはジノテフランなのでアルバリンと同じですね。
自分はフォースしか使ってないですが、キスジは気になりません。
それが効かないとか、、、凄いですな。06で防いでも土中のはムリだし…。
土壌消毒は殺虫草除け、根こぶ、立ち枯れやピシウム対策にガスタードですかね。
ただ、風が良く吹く地域なので皆さんずいぶん透明マルチすっ飛ばされてますが。

記事内の新地扱いした”裏の畑”の出来は非常にいい、と思ってます。
ただ、昨年から始めた”表の畑”は本当に2~3年何もせずに雑草鋤き込むために
たまーにトラクターかかってた新地はなんとも言えません。
堆肥なし、化成肥料だけでキャベツやオクラがそれなりだったことを考えると悪くは無いのでしょうが、
特別いい、とは感じませんでした。
これは経験不足なので感じられなかったのかもしれませんが、リゾクトニアみたいな土壌常在菌による
立ち枯れ症状は随分ありました。

今年は雨が多くて日照不足、低温なので全品目で立ち枯れ、カビの病気がちょっと心配です。。。
嗚呼!殺菌剤散布をもっと考えなくては!
  1. 2015/04/14(火) 23:09:34 |
  2. URL |
  3. まきのさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/356-5b929922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)