スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大失敗レタスの反省と今後~虫もちょいちょい(3/6)

さてさて、

ぐずいついた天気の後、久しぶりに天気が良かったので
午前中は苗床のブルーシート外したら布団干したり洗濯したりと私用で潰す。
午後から作業です。

昨日トンネルを取っ払った大失敗レタス2本目。
の撤去開始。
1425720832000.jpg
何とか巻いて玉っぽさのある生き残りレタスを回収。
40m弱で40袋。
ふむ…。

ちなみに前回40m強で43袋
今回このレタスは9230マルチ、にレタスなんざ沢山詰めても平気だから、
と密植大好きまきのさんは毎回のごとく、穴を増やして倍の数にしています。
この40m2本で83袋のレタスが獲れました。
80m÷30㎝×2条×さらに2≒1067株
生存率70%で747株。
全部が1玉1袋とはならないでしょうが、加味しないで83袋÷747株≒11.1%
まぁ、
悪 い
ですね。期待していた高値に助けられていて何とか種代培土代マルチ代FG代テープ代、
何とか元は取れている、けれどもそれでいいんかいヲイ!な状況。
キャベツ同様、
1月、年内に結球終えかけていて厳寒期の霜にあたる、
2月、厳寒期でも結球し続けて結球し終える、
という難しさを体感。特に今回は保温甘すぎて結球すらしていないレベルの下手くそだったので、大きな反省。
先週から撤去をしていますが、一応、レタスはまだあります。
次の3本目4本目はどうかというと、
1425720886266.jpg
1425720892763.jpg
3本目、4本目の60m分の内、30m分ほどは農ポリではなくビニールで保温力がややあり。
今回の失敗はデカイが、温度上昇期ならいけるかも…と大失敗途中に淡い期待をしましたが、
確かに…3月どりは大丈夫そう。
まぁ、農ポリ分のはダメダメなんスけどね。
農ポリはコマツナホウレンソウに回せばいいので、来年は3月どりのレタスを同様にビニールで試すのはアリだな。
4本目は雨降り前の温暖でのトンネル閉めきりが逆効果?
1425806078940.jpg
上手に巻いていない。
1425806072037.jpg
ちょいと開けっ放しで朝晩の低温に当てて落ち着かせます。大丈夫かな…?
※写真撮影3月8日

しかしこの温度上昇期、春の近さを感じさせますが、
春が近い、という事は
1425720812666.jpg
虫も出始めています。
キャベツにコナガ食害、あとはヨトウ?何だか分からんけど幼虫も発見。
去年の3月植えキャベツは早々にコナガ被害を受けた。
なので今年も繰り返してはいけないのでフェロモントラップ、コナガコンを仕掛ける算段をしなくては。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まきのさん

Author:まきのさん
埼玉県川越市で「明日の農業担い手育成塾」制度を利用して
新規就農を目指す牧野圭輔による農作業記録です。
屋号は牧農産。牧農産の牧野さんです。

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。