まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

冷床設置開始(12/14)

さてさて、

先日種屋さんに春種を予約注文してきたのですが、
今年6月に収穫し始めたキャベツの育苗は、まだ在学中だったので、大学校のハウス内で行っていました。
当然今回も同じようにやるなら、同じような苗を作るために自分でその環境を作らねばなりません。
ので、
1418562317682.jpg
冷床を作ることにします。
はてなキーワードから引用、
「冷床育苗とは、春先の暖かくなってから苗床に踏み込みなど積極的な加温はおこなわずに育苗する方法。全く寒冷を防がないわけではなく苗床に枠はかける。土の保温性を利用し、太陽の温かみをキープする農法」
要は、完全物理防御型の育苗スタイル。魔法防御(加温)はナチュラルのみ。
普通、冷床とは言えハウスの中に作るもんじゃないのかと思うのですが、
まきのさんは普通じゃないので露地で何とか凍えないような苗床つくりを目指します。
出来るといいですね(願望)。

木枠はパレットぶっ壊した板がゴロゴロあるのでそれを利用。
とりあえず枠を肥料袋を切っては巻いて、で隙間風を防ぎます。
木枠を止めるのに、裏の畑の竹藪開拓で切った篠竹をのこぎりで切って杭を作ってぶすぶす差す。
ピンもタダじゃないので節約節約。
1418562310443.jpg
1418562303001.jpg
中を踏み固めるも、元々ここは秋ジャガイモ植えるのに畑内の土をわさわさ客土して盛り上がったので、
少し削らなくてはいけない模様。踏み固めたところに落ち葉や篠竹を薄く敷きつめたかったのですが、今日はここまで。
この時点で下からの保温はゼロの状態ですが、ポリでトンネル、ブルーシートで保温をしてみて、
明日朝、中の温度をとりあえず測ってみて様子を見ます。
1418562295028.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/12/14(日) 23:40:12|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<釣り糸を垂れる(12/15,16,17) | ホーム | コマツナ播種・被覆(12/12,13)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/266-f63bb6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)