まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

キャベツ全面薬散再び~秋馬鈴薯生育中(9/29)

さてさて、

今日の作業は追肥中耕の続きから始まります。
薬散はいろどりの1,2回目定植にコテツフロアブルとバシレックス水和剤
3~7回目定植にコテツフロアブルとバシレックスに加えてアブラムシ対策にモスピラン顆粒水溶剤。
1,2回目定植はモスピランはやりません、というのも、小玉でよさげなら、今週末に出してしまおうかな、
ということで、モスピランは収穫前7日の農薬。アウトなのです。
曇天続きとはいえ、さすがにスーパーにも茨城・愛知など平坦地の産地のが出て価格が下落するかもしれない。
がっしり作って100円で直売出す羽目になるよりも、小さくても150円で売れるときに出そうかな、なんて小銭ひろいの思考。
mini_140929_10560001.jpg
そこまで心配しなくても、長野の山の噴火による結球野菜の高値続きが影響するかもしれませんが、
なるべく高くて需要のある時期に売り切りたい。です。
何せ、特に1,2定植分のハスモンヨトウ被害(ハイマダラハイマダラ騒いでましたがハスモンヨトウの間違い)
が深刻。1割はものにならないと判断。発見次第、葉っぱを除いてテデトール処理をしていますが、
そこからどれだけ結球してくれるか?B品でも、どうだか。。。
mini_140929_1056.jpg

そういや、
すくすくと成長中の馬鈴薯。左からデジマ、ニシユタカ、アンデスレッド
mini_140927_1055.jpg
一回だけしかしていない薬散がきいているのか、葉っぱはお向かいのキャベツらと違って虫食いほぼない綺麗な状態。
重畳重畳♪とちょこちょこ土寄せしまくっていていたら、
そろそろ寄せる土が無い。
ていうか持って植えつける位置を低くすればよかったのですが、後の祭り。
何とか畑の一部を削って畑内客土を敢行。キャベツ畑手前が小高くなっているので、
削り、掘って育苗床らのスペースと同じ高さに。これでキャベツ、並びのこの圃場の排水性あっぷ?
mini_140929_1750.jpg
馬鈴薯手前に溝を掘り、その土を持って行って客土と雨水の隣の農家さんへの流亡を軽減するという一石二鳥。
mini_140929_17500001.jpg
いまっさら、なんですが、秋馬鈴薯の説明書きがあったのでみてみる。
”元気のよい目を1,2本のこして芽かきをする”


めか、き?



芽かきなんてする必要あんの?

いまさらァッ!?

おめー、ンなことも知らんのかよ!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自信を持って、「ハイ」
そもそも、大学校では馬鈴薯の担当じゃなかったし(言い訳)
リーマン時代は種イモは毎年春も秋も動かしたけど、栽培指導はしなかったし、する必要なかったし(精一杯の言い訳)
割と何でも知っているように思われることが多いのですが、そんなことも知らないの!?という致命的な知識の欠如が見られる不安定性。
とりあえず、小さいのだけ除く。3~7本残しです。
いまさら獲り過ぎてもなー。
小玉でいいからたくさん獲るかな…。
いや、でかい方がいいよな。。。
うーん、
mini_140928_1700.jpg
既に小さいイモがついている模様。
収穫まで50日ほどですが、無理させない方がいいか…。
まー、来年はもっと上手くやりますがね。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 21:10:03|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<外出のため作業少なめ(9/30) | ホーム | 越冬キャベツ中耕~デッドスペース解消中(9/28)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/194-fc8a88fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)