スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツ中耕やり直し~玉葱暗中播種(9/16)

さてさて、

畝間をクヮデサクール
mini_140916_0824.jpg
何こういうとフランス語っぽい。
中耕管理機が入れないキャベツの畝間は当然鍬でさくります。
朝のうちの1時間ほどで30列、加えて株間の草取り。
ここ最近、いろいろやってるとは言え、定植や機械を使っての作業が多かったせいか、
鍬でガンガン額に汗して作業したのは久しぶりかもしれません。
6,7回目定植らへんは管理機がギリギリ入れそうな大きさ。
ですので残り6m幅100列ほどはクヮデサクール。
…。
雨が降るまで無理だなこりゃ…。
何とか午後一杯で管理機が入れるところに関して、大体7a分の中耕完了。
でも、このままでは強い雨がまた降ったら東のお隣さんのカブ畑にまた雨水がだばだば流れるので、
またもや鍬でさくる。畝の終わりに盛り土。6a中の210列分全部。
何とかこちらで食い止める努力はしましたが、どうだか。

タマネギ播種ですが、前回は差し芽箱でやりましたが、想像以上に播けないので、
仕方ない、128穴セルトレーに播種します。
セルトレーでやるなら200穴セルトレーがベターなのですが、そんなもんありません。
今後200穴を使う予定もないので、おそらく言えば好きなだけもってけ、と言ってくれるであろう、
近所の花屋さんに声もかけず、在庫の128穴を使用。
しかし反当りの数からいって、たくさん播きます。
極早生の貴錦、128×10枚。です。
中耕終わってからだったので、かなり時間が遅い。
しかも10枚なので大変で、
mini_140916_18350001.jpg
18時半の時点で写真は灯り付けないと撮れませんでした。
一応、白いお皿に黒い種、なので、見えない事は無いですが…。
最後の方はちゃんと播けてるかどうか謎です…。

他、
馬鈴薯の土寄せ。
馬鈴薯ぐんぐん調子が良い。
病害虫しっかり見極めて、上手く獲るべし!
この先、今年は霜が早く来そうな予感がするので、収穫適期の見極めも重要だな…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まきのさん

Author:まきのさん
埼玉県川越市で「明日の農業担い手育成塾」制度を利用して
新規就農を目指す牧野圭輔による農作業記録です。
屋号は牧農産。牧農産の牧野さんです。

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。