まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こうかはばつぐんだ=警報発令中(8/28)

さてさて、

ぐずついた天気が続いていてどうしようもありませんが、
どうにかしないといません。
朝来たらまずは畑の巡回がてら、仕掛けてある2個のフェロモントラップを見ます。
 ルアートラップF

 ルアートラップF
価格:3,218円(税込、送料別)


 フェロディンSL 2錠

 フェロディンSL 2錠
価格:4,505円(税込、送料別)


仕掛けた翌日からちょいちょい引っかかっていて、
日に日に増えているなーと思っていたのですが、
mini_140828_0816.jpg
おー一気に増えた、のが分かりました。
これだけ引っかかっているという事は、これだけこいつらがいるという事。
こりゃ買った甲斐があった!こうかはばつぐんだ!
と思う一方、これだけいるんだったらトラップに引っかからないですり抜けたやつも相当いるかもしれん。
※ちなみに、翌日翌々日の方にもどんどん増えて、写真でお見せできない程度の真っ黒さに…※
ていうかいます。多分。
mini_140828_0813.jpg
どちらかというとトラップに引っかからないひらっひら悠長に飛来しているモンシロチョウの方が被害がでかいのですが、
ジュリボやプレバソンが切れたら最後です。見るも無残な、雑草だけしか生えていない畑と成り果ててしまいます。
ちょうど今週号のヤングジャンプのテラフォーマーズでやってましたが、
細菌型の紅がいなくなったのを確認するや否や、アネックス1号をぶっ壊しにやってきた”奴ら”のように…
ていうかハスモンヨトウ達よ、雑草食え雑草。食ってくれるならいくらでも生やしっ放しにするわー。
ぐんぐんでっかくなるキャベツたちを守らんと、手持ちの農薬のローテーションを考えます。
春作と違って初期防除からハスモンヨトウ、ヨトウが警報レベルの発生具合なので、減農薬は難しいな。
仕方ありません。
mini_140828_0746.jpg

畑はぬかるみきっていて、水が抜けやしない。そりゃぁ
mini_140828_0827.jpg
キノコだって生えますよ。
とは言えキャベツの生育が大変良いことに順調に進んでいるので定植作業が入ります。
ここでちょいと実験。
mini_140828_0922.jpg
写真の真ん中の列までは畝間65㎝と今まで通りでしたが、そこから左は60㎝に狭めました。
先日中耕のため管理機をいれたときに案外狭くないかもしれないと思ったので実験。
て言うか、少しでも多くこの畑に詰め込めたい、という別の理由が今更出てきたという事もありますが、
これはまた明日の話…。

しかしこれだけ天気が悪いと困ってしまう事が一つ。
mini_140828_0932.jpg
次の定植分の耕耘が終わっていません。
この畑は150mの長さなのですが、向こうから100m分は耕耘していたのですが、
まさかここまで雨が続くと思っていなかった、
且つ、あまり早く耕耘してしまうと草が生えてしまう、
という理由から残り50m分は植える直前でいいや、と思ってました。
うーん、老化苗定植になってしまうかもしれませんが、畑にトラクターがハマったら嫌なので、ここは辛抱か…?


スポンサーサイト
  1. 2014/08/30(土) 19:36:45|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<狭い畑のやりくり…~天恵(8/29) | ホーム | 雨天のため播種と圃場巡回のみっっ(8/26,27)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makinousan.blog.fc2.com/tb.php/165-fb53f695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。