まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋ジャガ周りの草取り~定植遅れのキャベツハクサイ(9/27)

さてさて、

昨日に引き続き中耕。
少量のハクサイとニンジンを。
ニンジンは8月3日と10日播種の分。
台風10号で一番水が浸かった箇所なので、二度目の中耕です。
1475153269832.jpg
早播きのは青々と超元気。
1475153276001.jpg

昨日今日で秋ジャガ、アンデスレッドの草取り。
中耕する前に一度、株元だけでもすこし取っておきたかった。
1475153256179.jpg
1475153332608.jpg
1475153317152.jpg
1475153428358.jpg
1475153412067.jpg
切らずにS・M玉を植えたのもあり、萌芽率はほぼ100%。
萌芽にムラがあるので中耕はもう少ししてから。
しかしギャンブルである。
定植9月入ってから、かつ日当たりが一番悪い。
収穫は12月に入るので、霜でやられないかどうか。
とりあえず土寄せしまくって、或いは落ち葉でもぶち込んで保温をするか。
クリスマス商戦に新じゃがとしてがっぽがっぽ儲かるといいですね。

既に越冬キャベツは定植終わってるはずなんですが、
1475153356205.jpg
水だけやって大事に獲っておいたのが少々。
越冬白菜植えるし、一緒に植えりゃぁいいや、と液肥で延命していた。
定植場所、やや沈んでいた箇所があったので軽くトンボ均して
1475153305823.jpg
少量なので、50mを半分25mだけ耕耘しキャベツとハクサイを定植。
キャベツは30㎝株間60㎝畝間
ハクサイは40㎝株間70㎝畝間
ハクサイは9月7日播種の冬峠(タキイ)
どちらも老化苗なので翌日液肥で灌水しました。
この畝の続きはどうすっかな。
一応50mづつで区切っているので年内なら年内、越冬なら越冬でまとめたい。
こいつらが越冬で居続ける畑になるし、越冬のダイコンかな。
日当たりも良いので密植すればトンネルもいらないかもしれない。
1475153349538.jpg
1475153363976.jpg

おまけ
育苗失敗しまくって、定植すンげー遅れたキュウリの豊美2号(埼玉原種)。
ちょくちょくガソリン代稼ぐために持って行ってますが
1475153369581.jpg
収量、耐病性、いいっすね。この品種。
来年はもっと上手に出来る、といいですね。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/29(木) 23:43:05|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマネギ・ホウレン播種~ネギ・ブロ中耕(9/26)

さてさて、

天気が回復している内に露地の播種を。
玉ねぎスワロー(カネコ)と泉州中高黄。
昨日畝たてした1本に畝間5㎝位でぱらぱらすじ播き。
スワローは播ききったのですがまだ泉州中高黄が1dl位あるんだよなー。
種だけ播いて、植える場所があったら植える体でいこうかな。
1475153191542.jpg
1475153206451.jpg

他にホウレン、アステアブラック(朝日工業)
前回は5条で播いたのですが、気分で4条播種。
土がごろごろしているのでクリーンシーダーではちゃんと覆土できず、
地表に露出しているところも。まぁ、頑張ってホウレンソウになってくれ。
1475153175898.jpg
1475153183986.jpg

で、
ついでに隣のホウレンソウらには薬散
ライメイフロアブル
アドマイヤフロアブル
エスマルク水溶
何だか最初の分は種が古かったのもあり、生育が良くない。
立ち枯れも出てるし。
10月はキャベツとニンジンの収穫で忙しいので、まぁいいや(負け惜しみ

さらに10月の荷物として少しでも売れるよう、
ナガネギに土寄せ。逆転でフル回転。
でもってブロッコリーにも中耕。
遅まきした早生種なので追肥は強めに。多分もっかい追肥すると思う。
1475153248864.jpg
1475153234961.jpg

時間が少し空いたので耕耘を。
5a分、ここもタマネギ…かダイコンか。まだ検討中。
1475153221244.jpg

昨日から、つーか今季は一輪中耕機が大活躍です。
で、
明日も使うから、と畑に置きっぱなしにしておいたら
夜の内に雨が降るっていう。
日頃の行いですかね?
  1. 2016/09/29(木) 23:12:42|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越冬キャベツ中耕~ようやく耕耘(9/25)

さてさて、

何か前回の更新が日付ごと本文に入れてしまった
が、どんまい。
細かいことはキニシナイ。

天気がようやく回復?雲は多いものの、晴れました。
日照不足的にも多少は日照稼げて良かったですね。
前日の続きでZボルドーを越冬キャベツに。
そんでもって続いては1.5反の中耕ロングラン。
1474813701557.jpg
1474813707269.jpg
中耕は続く。越冬ネギを逆転フル回転で土寄せ。
1475153099267.jpg
1475153108978.jpg
なんとかギリギリ畑に入れたので
草が生え始めていたタマネギ予定の5a位とタマネギを育苗する1うね分、
オクラ跡でまだ残渣が多い3a、ホウレンソウ播種予定の1aくらいを耕耘。
1475153119979.jpg
1475153129112.jpg
1475153138841.jpg
晴れて場所によっては地面が白っぽくなってはいても、
掘り返せば真っ黒な水分含んだ土。含み過ぎてゴロゴロしているところもありますが、どんまい。
その後、畝立ては3本。
玉ねぎを育苗する用に東西に15m分、
ホウレンソウの畝たてとして50m×2本。
うーん、
ホウレンソウのは土がゴロゴロ。
発芽や生育に差がありそうー。
1475153163770.jpg
1475153154618.jpg
  1. 2016/09/29(木) 23:05:12|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

約束ができるのか否か~天候がようやく回復へ?(9/23,24)

さてさて、

23日
やはり雨が続く。
午前中はごろごろ。
午後に市外の直売コーナーを持つ業者さんと対談。
商談、でもないし、打ち合わせ、もなんか違うような気がしたので対談、にした。
元々農業分野の業者ではないのですが、会社も余裕ができたのか、
地域ぐるみのイベントや地産地消の農産物を使った加工品の販売など、
地域貢献や6次産業化に興味がある模様。
検索してみると、確かにやってることの規模はでかい、或いはデカくなりそう。
ただ、いかんせん今現在の商売に繋がりそうな所は規模が”まだ”小さい。
今回、間を取り次いで取り次いでちょうど縁の合った方から、
タイミングよくまきのさんに話が来ましたが、
残念ながらそこ自体は正直売れるところではないとは思っちゃいる。
でも、
伸びしろ、或いは今後の売り方の変化に期待する、と言う意味でごくごく少量ですがお試しでやる方向で。
一応決まったっちゃぁ決まった。
なんかすンげーあやふやな答えをしたのには理由があって、
ちょうど同じ時期、これからなのですが、さらに販路のお話が別から来ている。
そこがどういうところなのか、の話を聞かねば。

前に仲間とも話したのですが、直売の販路にもランクがあります。
・JA・民間の直売所
・スーパーの直売コーナー
前者はまきのさんのような”流れ”の農家が持って行き易い。
ただ、規格に厳しい・何の縛りもない、価格は他に合わせる・完全自由、
納品は開店前じゃないと困る・どの時間でも構わない、などなど
しかし自分が思う一番良い点はしばらく持って行かなくても問題ない。
登録人数が多いこともあって、店員もそういや最近アイツ見ねぇな、くらいにしか思わない。
総合的に自由度が非常に高いのが”直売所”。
ところがどっこい、
スーパーの”直売コーナー”はそうはいかない。
そこでも一流スーパーか、二流スーパーかによって違う。
一流か二流かはここで言ったら見る人によっては怒られそうな気がしますが、
埼玉では珍しくない、屋上まで駐車場があるスーパーの規模くらいです。
一流スーパーは基本少数精鋭。紹介でしか入れない上に空いてる席は少ない。
誰やお前?ていう農家じゃまず門前払い。尚、就農前に一度門前払われた(当然か)。
でも、選ばれし直売農家にはポスターサイズの集合写真とともに
安定品質の商品でそれなりの価格設定、集客に見合うだけの販売量が期待できます。
前提条件としてほぼ毎日、安定した量が約束できること。
一人農家のまきのさんが最大のネックとしている点である。
その点、20~30台くらいしか駐車場止められない町中の小さいスーパーは
売れなかった分引き取るなり処分していいならお好きにドゾーなのも。
尚、近隣にはそこまでアバウトなスーパーは無い。
ドラッグストアに営業かけようかな、と思ったけれども、
品目少ないからアレだなぁ…とも思うので二の足を踏んでいる。

ぶっちゃけ、
今の販路だけでも2倍作っても捌けそうな気がしなくもない…。
ただ、あまり門戸を狭めすぎてもしょうがないので…という葛藤。

24日
何だか天気がようやく回復へ?
1474709988503.jpg
よっしゃ薬散してから中耕するべ!と
まずは冬ネギ、越冬ネギに
アミスターフロアブル
エスマルク水溶
これだけ雨が続いているからか、殺菌メイン。
下葉が元気ないので葉面散布に液肥も加えた。
1474813652037.jpg
1474813665896.jpg
越冬キャベツ1,5反に
Zボルドー銅水和
単体を散布。もちろん展着剤のアプローチBIは添加。
と思ったら半分終わって折り返しって時にお昼過ぎからザーッと雨が降るっていう。。。
あっ当然お仕事終了ですっ
  1. 2016/09/25(日) 23:42:38|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャベツ薬散~タマネギ播種(9/21,22)

さてさて、

なかなか雨続きで思うように作業ができませんが、
21日
資材の買い出し。
今まで玉ねぎはトレー播種でしたが、いかんせん培土代がかさむ。
ネギ用培土26L、1袋で5トレーほど。1トレーに200円ほどの経費。
トレーは98円で10個ほど買い足した。
今年は雨が落ち着いたら畝立てして地床育苗したい。
草との戦いになりますが、下に下に根系を作るタマネギにとっては生育も良いはず。
どうも自分が作るタマネギ苗はケチっているから土が少ないのか
草丈が全然伸びない。地床ならきっと良い苗が出来るはず。
とりあえず今日は19日に播いた続きで
スワロー(カネコ)3トレー
泉州中高黄(丸種)4トレー
1474458778576.jpg
泉州中高は適当に一番安いのを楽天で買ったら丸種のでした。
上手い具合にこの日は雨が降りそうもなかったのでキャベツの薬散。
まだまだ止まらないオオタバコガ、ハイマダラ対策に
アファームエクセラ顆粒水溶
アドマイヤフロアブル
アミスターフロアブル
エスマルク水溶
そろそろ殺菌剤は大丈夫か。心配した病気はほとんど出ていない。
1,2株だけ下葉が不自然にヘタレているやつ、軟腐の類のを除きました。
しかし全体的に状況はよろしくない。
1474458815086.jpg
1474458833246.jpg
1474458837945.jpg
1474458842673.jpg

22日
一日中雨。
本当は昨日の薬散の続きをブロ・ハクサイに、
タマネギの畝たて、草取りをしたかったのですが…。
収穫物もなく、申し訳程度に仕事を作ろうと小袋のレタスを買って播種。
1474546892330.jpg
1474546899340.jpg
128×2枚。
今まで培土はタキイとカインズの共同開発とか言ってる種まき培土を買っていたのですが、
近所のコメリへ行くとなんと純正の種まき培土を発見。
今まではコメリオリジナルの酷いやつ種まき培土だったのですが、新しく仕入れたようです。
1474546856858.jpg
1474546861886.jpg
値段も
タキイ×カインズ40Lで1480円=3.7円/L
タキイ純正50Lで1680円=3.36円/L
純正の方が割安だった。肥料成分は微妙に違いますが、
1474546867543.jpg
1474546873454.jpg
1474546878385.jpg
1474546904467.jpg
見た目も変わらず、ココヤシか何かの繊維の塊が多いのは共同開発で
材料費ケチったからなのか、と思ってたら純正のにも混じってた。
完全に肥料成分の違いだけか。
培土比較しようかな、と思ったのですが、
値段も安いし、そもそもタキイの純正の方がいいに決まってるだろうから
今度から培土のためにカインズまで走らせなくても大丈夫だな、と一安心。
  1. 2016/09/24(土) 07:17:34|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現在借りている全部の畑の様子(9/20)

さてさて、

台風16号の影響で一日中雨。
日程的に前回播いてから7日ほどたったのでホウレンソウを播きたい、
あるいはタマネギを畝立てして育苗したい、トラクターをかけたい
などなどうずうずしているのですがこの天候ではダメ。
ちょうどいいタイミング(?)で腰痛がひどいので全休。

そういやー今自分の畑はどん位埋まってるのかね、と
今更ながら把握しておきたい、と写真を撮った。
メインの畑、書類上では3反7畝
1474458759722.jpg
元々は真ん中の道はなく、何もない平地だったのを
ハウス建てるため、畦道作るためにユンボでトラクターで踏んだ。
幅13mほどだった畑もこれで左(東)5mほど、右(西)6mほどに分けた。
それを300mほどある長さの内、ハウス他、残渣穴分引いて、
150m、100mに上手いこと分けられたので、150m地点に丁字路を作った(今はL字)。
そこまでの150mを3分割に区画分け。違う品目を作るようになった。
今はココにはホウレンソウ播種が途中。
1474458721805.jpg
ネギ、
1474458714214.jpg
キュウリが少し、
1474458686889.jpg
1474458692744.jpg
他はオクラの残渣がまだあるのでトラクターだけでもかけられる内にかけたい。
1474458699246.jpg
1474458679236.jpg
ここからの100mはモロコシ跡で、あと1回くらい耕耘して、
微妙に余ってるキャベツを植えるかして越冬ダイコンかタマネギを作る予定。
まだ決めあぐねている。
1474458670566.jpg
一番奥の6m×13mにはジャガイモがいます。尚、この手前に1本だけ畝立てしてタマネギを育苗したいと考えている、
1474458644346.jpg
1474458651189.jpg
150mまでの畑が5m×150m=7.5畝、6m×150m=9畝
150~250mまでの畑が13m×100m=1反3畝。
以上、最初から借りていたメインの畑は3反弱。

その3反弱の奥・続きに書面上では1反7畝ですが、竹藪のカウントされているので実際は1反2畝程。
1474458596500.jpg
サツマイモがあったり、
1474458602653.jpg
ニンジンがあったり
1474458608642.jpg
ダイコンがあったり
1474458622778.jpg
長ねぎがあったり。
1474458631722.jpg
地力があるらしく、どれも良く育つ反面、
東側に森があるので東側ほど生育差が顕著に表れるほど日当たりが悪い。
前作ジャガイモキャベツ。サツマは無肥料、ニンジンはN8肥料を少なめにやったのに育ちが良すぎる。
多分サツマはいわゆる”つるぼけ”状態の模様。

この畑から200mほど。軽トラが通れないので移動は歩き、自転車、動力四輪車。
書類上は5反6畝。チャノキと道路を挟んで南北に2反7畝づつくらいか。
南側は年内でけりがつく予定のキャベツ白菜ブロッコリーら。
1474458590504.jpg
北側は何もやっていない。これから麦播いて次作に備える予定。
北側にチャノキがあるのでマルチが飛ばされる心配がない。
水がたまりやすいですが、来年はここにタマネギ作るのもアリだな。
1474458583890.jpg

この畑から遠目に見えるけれども普通に道路沿いなので移動は車で行ける。
管理だけ任されている(つもり)の耕作放棄地1反5畝。
1474458765655.jpg
この夏は案外草が生えて結構苦戦。契約期間の3年かけて少しづつ再生…出来るといいですね。
早くも周囲の農家からこんな畑大変なだけだから返しちまえ、の大合唱。
まぁ、うん…。でもハンマーナイフを1時間かけるだけでほとんど草がキレイになる。
あとはタイミング観てトラクターかけて緑肥用にコスモスや向日葵でも播けば、
周りの印象も悪くないと思うんだなー。

その畑から2個隣には1反5畝。
越冬キャベツが植わっています。
1474031069787.jpg
1474458789546.jpg
1474458771878.jpg
1474458809366.jpg
道路から延びる畦道は水がたまりやすいので雨の日はあまり通りたくない。
しかも完全放置の柿木があるので軽トラがガンガン屋根ぶつける上に、完全にカラスなどの止まり木に。
結構カラスにいたずらされてキャベツ苗を引っこ抜かれて写真でもわかる通り欠株が多い(苗立ち枯れも出たけど)。
越冬キャベツなのでムクドリの絶好のお食事ポイントになること間違いなし。
糸張って対策が必要である。
ちなみにこの畑は大農家さんから紹介された隣接の家庭菜園の方の畑。
必要なら書類書いてやる、と言われたので別にいーや、とヤミ借り。

計算してみたら書類上では1町2反。上述のを足すと1町3反5畝。
でも実際1反5畝は耕作できる状態じゃないので、結局1町2反である。
まぁ、管理だけでも大変ですわぁ。
  1. 2016/09/23(金) 12:50:41|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉ねぎ播種続き(9/19)

さてさて、

9月18日は私用のため全休

9月19日
台風16号の影響か、雨雲続きの週となる模様。
今週の作業が心配です。
スワロー(カネコ)玉ねぎ、日数をずらしての播種の続き。
10トレー分を播種。
ネギ用培土は高いので、覆土だけでもキャベツなどに使っている種まき培土を。
1474458508598.jpg
1474458540432.jpg
いつ播いた奴だっけな(うろ覚え
9月5日くらいに播いた極早生のフォーカス(タキイ)
1474458514503.jpg
9月16日に播いたスワロー、にょきにょき発芽中
1474458522869.jpg

先日、JAの人が様子を見に来た。
担い手育成塾研修時にはJAも管轄でしたが卒業・独立してからは関係が薄くなった。
でも前の担当の方がよく引き継いでくれたのか、ちょくちょく(2,3カ月に1度くらいか)いらっしゃる。
だいたい何か手土産をお持ちしてくれるのですが、ちょうど自分のような新規就農者が受けられる助成金のチラシを持って来てくれた。
ここ最近は作業内容が薄く、他に書くこともないので
コラム的なものを書いて、紹介してみました。
  1. 2016/09/23(金) 12:26:51|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

埼玉県内の新規就農支援もろもろ

自分はいわゆる”なしなし”(土地なし金なし機械なし)の新規就農者。
しかも現在新規就農した埼玉県出身ではない。
結論を先に言ってしまうと、埼玉(自分の地域)は新規就農の受け入れに結構熱心だったので
ここで良かったなぁ、と思っているわけです。
他の地域に関しては良く分からん。
そんな自分が利用した、或いは利用できる埼玉県の新規就農支援制度を箇条書きしてみる。

「明日の農業担い手育成塾(県・市・JA)」
冒頭の自己紹介内でも書いてある自分が利用した一番重要な制度。
県、市、JAが協力し合って2年間の研修を行わせる。
土地はJAが借りて研修生に又貸しする、いわば”公認ヤミ農家”として”模擬経営”を行わせる。
主に県の担当地域ごとに分かれていて”いるま地域””鳩山町””小鹿野町”…
但し、誰でも塾生になれるわけでなく、
必須条件として実際に農家での研修経験、大学校での研修経験など。
この制度自体が研修制度なのですが、実際に野菜を作って売る段階の研修となるため、
家庭菜園のレベルを超えた農作業経験が必要。
昨今の”自給自足”過剰な”オーガニックへの憧れ”など、
自己完結の農業を目指す方が多いため、その足切りが結構大変な模様。
地域によって卒塾条件は違うようですが(年収○○円以上…)
自分の所は
・適切な管理・継続的な経営が望めそうか。
・農家として認められる”5反条件”を満たせるか。
の2点。
で、無事農家としてやっていけそうだ、と判断されたら
その土地を直接契約させ、晴れて農家として認めてあげる、と言う流れ。

「青年就農給付金(準備型・経営開始型)(県・市)」
埼玉県独自ではなく、全国どこでも受けられる補助金。
新規就農のハードルを大きく下げた、前政権民主党唯一?の功績。
研修・就農中の生活安定・経営支援のため
準備型は研修中の最長2年間に150万円/年、
経営開始型は新規就農後の最長5年間に最大150万/年、
支給(貸与ではない)されるという新規農家にとっては大変ありがたい制度。
民主党時代の制度だったので、自民党に代わり、また予算がいつなくなるか分からないので
自分の地域の担当者は受けられるうちに受けなさい、と手放しに勧めた。
あくまで独立・新規就農前提で支給されるので新規就農に至らなかった場合などに
返還義務が発生するのは当たり前ですが、
デメリットとして、支給終了後5年間は年2回、作業日誌の提出や経営状況そのほかの書類の提出が大量にある事。
本当に大量…めんどいですが、これももらった、もらえる補助金のため、と割り切るしかない。
書類のことくらいしかデメリットが無い。しかし本当に面倒くさい。
・準備型(県)
独立を前提とした水準の研修先として認められている指導農家、大学校などの研修機関、自分が利用したような研修制度、
などの条件を満たしているときに前期後期で75万、合計150万円支給される。
自分は担い手育成塾での研修期間中の2年間に支給を受けた。
・経営開始型(市)
最大5年間が支給対象で、初年度は全額の150万が支給。
以降は前年の決算書を参考に、収入が一定(地域の寄って違うのか?)を超えると
比例して減額、もうけ過ぎると支給対象外になる。

「新規就農応援事業(JA)」
1474546928015.jpg
1474546932833.jpg
JAバンクが行っている新規就農者向けの助成金。
自分は今年度分から受けられますが、
チラシの通り最大20万円分の資材購入費が対象となります。
つまり20万円越えた領収書集めれば、20万円もらえます(雑)。
ちなみに、
研修期間中も最大8万円の補助、これは多分JAの中でもJAいるまのガやっていたものと思われる。
他の地域は分かりません。

「新規就農者農機具等購入支援事業(JA)」
1474546915031.jpg
1474546937960.jpg
JAグループさいたまが今年平成28年から実施した新規就農者向けの助成金。
合計30万円以上の購入費から50%の助成をもらえる。
80万円分で40万の助成、120万円分では最大50万なので50万。
合計でいいらしいのですが、農業用の機械に限るので、
今年買いかえた軽トラはだめらしい。ハウスも育苗用はおっけーらしいですが倉庫用はダメ。


何だ、結構手厚いじゃないか、と思われるでしょうが、確かに手厚い補助を受けることが出来ます。
そこらへん、自営業とは言え労働に合った対価を設定しやすいサービス業と違う農林水産業の保護のためか。
助成金を出してくれる機関も、せっかく立てた予算が使われない(助成が利用されない)と
予算削減・制度終了されてしまい、今後の新規就農者の増加に繋がらないためか
是非積極的に使ってほしい、と催促してくる。ので、ありがたく使わせて頂いてます。
  1. 2016/09/23(金) 12:19:32|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャベブロニンジン中耕~雨前に耕耘(9/17)

さてさて、

発芽が揃った9/12播種のホウレンソウ
アステアブラック(朝日工業)
検索しても、まだ何もヒットしない。最新の新品種な模様。
1474112452945.jpg
のネット張りから。
1474108440583.jpg

今日のメインの作業は中耕と耕耘。
キャベツはまだ外葉が重なってなくて
何とか入れそうな4回目、5回目定植のもの。
4回目のはちょいと外葉を痛めつけてしまいましたが
明後日くらいに全体の殺菌剤の薬散でフォローします。
1474108447169.jpg
5回目のは少しひっかいたくらいか。
1474108456158.jpg
ブロッコリーは平気。
1474108464192.jpg
9月15日分の記事でも書きましたが播いた時期が遅かった
且つ、自分の育苗では思うように良い苗(葉数的に)が出来なかった。
追肥を少し強めに。ちゃんと大きいのが獲れるといいですね。

ニンジンは8月入ってから播いた奴が大きくなったので中耕。
台風10号で完全に池と成り果てたおかげで
1471864145205.jpg
立てたはずの畝が完全に平畝になっている部分も。。。
尚更根っこが息しづらい状況なはず。
1474108486594.jpg
1474108502757.jpg

1474108517612.jpg
1474108525659.jpg
1474108531726.jpg
7月12日播種の一番早いニンジンと7月20日播種。
葉勝ち気味なので、先までしっかり詰まったおっきい人参がちゃんととれるか心配です。
1474108543945.jpg
1474108509174.jpg

また雨が降る、
つーか来週また台風が来るとかで、いつ畑に入れるのやら、となるので
できる内に出来るだけ耕耘。
1474108554938.jpg
1474108560337.jpg
1474108565307.jpg
トウモロコシやオクラの残渣がある程度キレイになったか。
だいたい1反7畝分をロータリー回転数上げて
しっかりかけたので時間がかかってしまった。
あと5畝ほどやりたかったのですが一番水はけの悪い所で且つ、
夕方は”下から”の水分が上がって来ていて余計ぬかるむ。断念です。
もう18時半にもなると真っ暗っすね。

おまけ
市役所から砂じん防止用として麦の種をもらいましたとさ。
1474112472635.jpg
10月中旬入ったら播いて、出穂前の3~4月に鋤きこんでくれ、とのこと。
2反分、新しく借りたキャベツの隣りの2反5畝に適当に播きます。
  1. 2016/09/17(土) 20:58:56|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマネギ播種~タマネギ需要を思ったり考察する(9/16)

さてさて、

更新していない分の間、結構草取りばっかやってました。
雨が降ってはトラクターも入れず、
水分が十分にあるため、畑はもちろん、作物の間にも結構生える。
合間合間を見ないといけないので、今年は随分草が生えっぱなしの畑が良くあります。
まー、うちもそうですが。

厄介なチャノキまわりの草取りを。
1474031200813.jpg
ママコノシリヌグイやカラスウリなど面倒なツル植物が蔓延っていたので
一回ラウンドアップで枯らした跡のを引っ張る。
雨次第ですが、明日にでもファイヤーします。

今年のように秋が暖かい予報がある時は遅く播くのは割のいいギャンブルだったりしますが、
早く播くのはあんまりメリットが薄い。
けれども草取りばっかで飽きたので
タマネギを播いてしまった。
スワロー(カネコ)
1474031205324.jpg
1474031218403.jpg
昨年は
年明け定植でも平気だろう→全滅
に懲りていないのか、2dl缶買って全部播く予定です。
昨年は1dlだった気がしたのですが、昨年のことはもうどうでもいいです(雑)。
スワロー5トレー播種
だいたい1トレーで1000~1300粒位播いたと思う。
実は2年前の種の極早生の貴錦(カネコ)を播いたら案の定1本も生えず、
極早生はフォーカス(タキイ)の小袋3ml分くらいを播いただけ。
そのトレーの続きにスワロー。
これも昨年失敗して日の目を見なかったので
1474031223325.jpg
赤玉の極み(タキイ)。これも小袋播いて、余った分をスワロー。
スワローだけで6トレー分くらいか。

多分、2dlで22000粒くらい。
15000玉は出来るといいなという考え。
キャベツとオクラあるし、6月打っ倒れるんじゃね?
と思ったので、多分6月はキャベツは縮小かやらない。
既に春作に照準合わせているのはもちろんですが、
春に近隣でも大発生したコナガ対策が獲れるかどうか。
オクラとキュウリとタマネギの収穫に集中して
管理は上に加えてモロコシだけにした方が効率がいいんじゃないだろうか、と思ったり。
よし、品目減らすなら、と何を血迷ったか


タマネギをさらに2dl追加した。
植え切れなくて余ったら苗を売ればいいから…(震え声

元々今年も、
例えばジャガイモをみんなが出し切った8月に売れば面白いんじゃないだろうか、
と考えもあったり、毎日の収穫と出荷に追われてしまうので、
取ったもんをすぐ売らないといけないなんてことはない、
という品目の重要性を認識していた。
ジャガイモなんか新じゃがでもいいけど、案外溢れるのでみんなが獲れる頃は様子見てる方がいい。
更に後出しのまきのさんの読みなのですが、
今年は随分一般のニュースでも話題になりましたがタマネギの価格高騰の原因。
北海道の台風被害の甚大さはもちろんのこと、産地佐賀県のタマネギに圏内初観測となる
べと病が大量発生した
という事。
厳密には読みが外れました。
昨年は別の大産地の淡路で腐敗病が最悪レベルの発生。
あー、腐敗病は土壌に残りやすいみたいだし、こりゃ来年も騒ぎになるかもな、
と思ってたら佐賀かよっ、ていう。
うーん、読みは当たっていたのに余裕ぶっかまして自分は別の原因で失敗したっていう…。
貯蔵に向いたタマネギなんか今年は上手に出来ていれば儲かっていたはず。
別の産地の不幸を見て反面教師に作付変えるなんて性格の悪さが露呈していますが、
産地の状況を考えた上で値段の高くなるような作付して、
そもそも少品目なので勝てそうな品目で戦う戦略をとる。
弱くて小さいなりに頭を使って商売をしたい派。

で、
こんだけタマネギを増やしたとしましょう。
どこに何百kg何tと置くのかと。
場所をどうするか検討中ですが、タマネギやジャガイモを保管する用の簡易ハウスを建てようかと。
ジャガイモなんかは裏のばーさんの、農業用でもう使ってない(電源落とさずに家庭用で使っている贅沢)
予冷庫に保管させてもらうのもアリか。
…ボソッ
来年の種ジャガイモは小玉・按分出荷・高騰っすかね…?
北海道産以外の種ジャガイモが飛躍の年か?

おまけ
春収穫で獲っておいたアンデスレッドの小玉のやつら
雨も上がってようやく9月2日に定植できた。
1474031227968.jpg
出芽中。
1474031232862.jpg
種イモも自前で且つこのままいけば登録農薬不使用表示でイケるかも?
ただ、秋ジャガイモなのでデカさはもちろん、借りてる畑の中で
朝日が一番遅れる一番日当たりの悪い畑。霜が一発降りるか降りないか位が収穫の適期。

さらにおまけ
ニンジンは元気すぎる。
左から7月12日7月20日8月3日8月10日播種向陽2号(タキイ)とDrカロテン5(タキイ)
品種比較中。今度気が向いたら話題にあげる。
1474031118917.jpg
1474031130335.jpg

前作はジャガイモとキャベツ、
肥料は窒素でホント、3とか4㎏くらいしかやってないはずなのですが
膝丈よりも高い位置に…。葉勝ちか?こりゃあかん?
尚、
種も余ったし、結構周りの人たちが播き直ししてるから、と
無茶な遅播き9月5日播種向陽2号(タキイ)が発芽開始中。
1474031192879.jpg
そもそも葉も溶けるだろうし上手に出来るか、それに
去年は3月どりのニンジンは3本100円でも余るレベルでしたがどうなるかね。
  1. 2016/09/16(金) 23:57:12|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。