まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主にキャベツ管理~雨読(8/28~31)

さてさて、

※8月の記事のため、日付設定は便宜上8月です。記事公開は9月1日※

ここしばらく雨が続いて、作業が滞っている。
一番やりたい
”ユンボで穴を掘る”
がいつになるのやら…。残渣穴がもうお腹いっぱいです。
尚、8月25、29、31は全休、他は半休だったり。

8月28日
最初に植えた分のキャベツが何やらハイマダラ、絶賛活動中。
1441101839585.jpg
24日にチョウ目に対してはパダン、バシレックスをやったばかりなのですが、
もしかしたら一緒にやった銅剤がパダンを分解してしまった可能性も否定できない。
のでダメ押し
プレバソンフロアブル
Zボルドー銅水和剤
殺菌剤もしっかりやらんとダメな年だと判断。
何せ、27日に定植した年内キャベツの畑に
1440748896623.jpg
キノコが生えまくっとる…。
白い点々、全部キノコ
隣接の長ねぎ畑もいっぱいです。
こいつらダコニールとかバリダシンで死んでくんねーのかな…。

他、
テンションレタス200穴×5枚播種
8月9日に発芽試験で播いたテンション1枚分、
久しぶりに手でマルチを敷いて植えた。

曇った隙に冬くぐりキャベツの定植のため約5a分耕耘。
1441102338690.jpg
でもって
8月30日
前日29日は雨なので全休でしたが曇ってる午前中の内に8月5日播種冬くぐりキャベツ定植。
1441102927323.jpg
1441102935034.jpg
10枚あったのですが雨脚が強まってしまったため6枚しか定植できず、午前中で作業終了。
畑に足が沈んでしまう上に、雨が含まれ過ぎると苗が上手に引っこ抜けないでブチッといってしまう。
結局6枚と前回までの余り苗ででっかくなったやつを100本ほど植えて、
の7列分。
途中、昨年の種が余っていたのであけみ五寸(カネコ)ニンジンを1列ほど播種。
↑写真の何もない所にある。
1441102627867.jpg
1441102635405.jpg
昨年のだし、種が粉々だったので、どれだけ上手に播けたかは来週判明。
この冬くぐりは今まで欠株が無く、苗の状態も悪くない(率は良かったけど発芽揃いは悪かった)のですが
1441101807859.jpg
ここにきて植えた苗が鳥にほいほい抜かれて遊ばれているという…。
食べられているわけではない。ただ引っこ抜いて遊んでいる模様。
クソカラスどもめっ

他、
7月24日定植(だった気がした)キュウリはようやっと早いもので芯を止めるほど。
但し
ウイルス、
1441102942415.jpg
つる割れ(写真左、晴天の日中のみ萎れの症状)、
1441115812019.jpg
べと、褐斑、ウリハムシ云々
有象無象のステータス異常を抱えている也。

雨読
休みで暇が出来てしまった内はこいつら読んでた
1441110687010.jpg

おなじみ?京都を舞台にした森見登美彦の作品、阿呆のタヌキ達が織りなすマジックレアリズム劇場
有頂天家族、の第二章。
タイトルとあらすじからして大波乱の予感ですが、その期待を裏切らないストーリー。
当初・前作からの設定や伏線を大幅に回収するすっきり感あり、
まさかのどんでん返しで明かされていく作品中の謎の数々でびっくり感あり、
そして時に幻想的で、時に臨場感満載のマジックレアリズムの描写の表現が想像を膨らませ、
息つく間もない面白さがありました。
ストーリーでは何よりも、一番阿呆で突拍子な主人公だけでなく、
家族キャラ、主要キャラ全てが余すことなく見せ場があるのが前作に続いての大きな特徴か。
当然、彼らの活躍によって解決!大団円!なのですが…。
なのですが…。
この作品はほとんどが主人公、矢三郎の一人称、口語表現で進んでいくのですが、
最後の一節がこれまた…。
続編、いつになるか分からないけど、当然あるようです。そりゃあるわな。。。

シリーズものでもなく、割とさくっと読める作品。
そこまで大沢在昌の作品に詳しいわけではありませんが、
相変わらずやくざや犯罪などの描写や表現が多く、なんだか読んでるこっちまで悪いやつになった気分にさせられますが、
大沢在昌にしてはちょいとコミカルでド派手なアクションシーンが多い気がします。
ただ、あまりにも読みやすすぎる上に、スッキリし過ぎているので
こいつぁ面白ぇえええええ!
と、のめり込めるような中毒性は無く、気晴らしによむような手軽さを感じました。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/31(月) 23:59:55|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年内キャベツ定植終了~担い手育成塾生交流会(8/27)

さてさて、

※8月の記事のため、日付設定は便宜上8月です。記事公開は9月1日※

一昨日25日には同じ8月5日播種の冬くぐりを植えたのですが
一昨日、昨日と雨のため植えられなかったので8月5日播種、
恋風(カネコ)キャベツ6枚の定植。
1440748921171.jpg
1440748905336.jpg
1441104768018.jpg
これで恋風、ていうか年内キャベツは全て終わり…。
で、
年内キャベツはいろどり21枚、恋風21枚
128穴×42枚=5376本
定植できたのは
前半6aに
79列×29本
=2291本
後半3a+αに
117列×11本+15列×14本(上の写真は9列目までですが15列までは後日の補植で)
=1497本
3788キャベツ
定植率70%ジャスト
成苗・健苗率低すぎィ!!!!!
!!!!!!!!!!!!!
当然こっから脱落するキャベツ(既に立ち枯れで列ごと死んでるところもあるという)となると…(汗
…それ考えるとコート種子の冬くぐりは現時点の定植本数ベースのどんぶり勘定で90%近い。。。
↑は記事書いてる今ぽちぽち計算したのですが、やはり来年はコート種子にするべし…。

その他
NL513こと炒チャオ(ナント)
1440335966144.jpg
なるべく正確な名称で呼んであげたいのですが、”炒”がいちいち”炒める”を一回変換しないといけないし、
辞書登録してやる気にもならないので、今後は便宜上”ちゃおちゃお”でいきます。
で、
春作で懲りたはずのマノア(タキイ)
1440748936597.jpg
抽苔するわ小さ過ぎるわ、しかも形がミニレタス、見た目にインパクトが無さすぎて売りづらかった、
とボロクソに言ってしまうと天下のタキイ様に怒られるかもしれませんが、

抽苔するわ小さ過ぎるわ、しかも形がミニレタス、見た目にインパクトが無さすぎて売りづらかった、
※あくまで個人の感想でございます(強気)

んですけど種が余ってたのでリベンジ。
200穴で1枚づつ。
抽苔の危険性がある温度上昇の春作よりも秋作の方が得意という事も十分考えられます。
他、
白菜、黄もの60(向日葵)郷秋60(トーホク)を128穴×4枚。
黄ものが1枚ちょっとで終わったので残りを郷秋。メモ帳には200穴と書いてるが多分128の間違い…だと思う。

長ねぎの補植。
苗の管理が悪くて植えられなかった分の苗を見返してみたら
微っっ妙に苗が生き残っていていたので補植。
1440748944173.jpg
1440748951762.jpg

特別、写真も何もないですが、
今、自分ことまきのさんが利用している制度、
「明日の農業担い手育成塾」、その
いるま地域(川越市、所沢市、鶴ヶ島市、入間市、飯能市、坂戸市、狭山市、日高市、三芳町、富士見市、ふじみ野市、毛呂山市、越生市)
の塾生らが集まる交流会が夕方にありましたとさ。
お役所からは地域の性格から見た新規参入の現実的な状況や明確な展望のための心構えの檄、
新規参入から華麗に農業生産法人まで成長した方を招いての実例の紹介、
など、
まぁ、要は
話聞いてご飯食べて帰ってきました(雑)。
  1. 2015/08/31(月) 23:59:51|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨前にキャベツ定植~冬、越冬作準備(8/25)

さてさて、

※8月の記事のため、日付設定は便宜上8月です。記事公開は9月1日※

明日は雨が降る、のでキャベツ関連の仕事が忙しい。
前半のいろどり(カネコ)8/4から順次定植で最初の定植後2週間を超過している。
管理は定植日に関わらずこの一帯6a分をまとめてやってしまう。
で、ようやく昨日薬散をしたので次は中耕です。
追肥はN8肥料でN-2㎏/10a計算…と思ってたら何だかやりすぎてしまってN-3kg強か。。。
まぁ、足りないよりは大玉になってくれていいんじゃないですかねェ。。。
1440748814893.jpg

1440748824597.jpg
中耕っつってもただの追肥みたいなもんか。そこまで深くせず。
次に行う中耕はガッツリ行きます。

裏の畑に冬くぐり(カネコ)の定植の続き8/5播種のもの5枚
40m強に5列。
1440748838575.jpg
1440748847239.jpg
500本以上植えられた、且つ、小さいものは状態が悪くないので少し置いといて予備苗として使用可能。
恋風に比べたら非常に状態が良い。
多分来年は恋風キャベツも、いろどりキャベツもコート種子を使用する可能性大。
いろどりはまぁいいや、と思えるレベルですが、
昨年に続いて恋風は発芽悪すぎる。冬くぐりは発芽”率”は問題ないですが
発芽”揃い”は正直微妙。まぁ、モノがいいので今後もこれらの品種を軸で行きますがね。。。
雨前にできれば、と思ってたのですが恋風キャベツ最後の6枚分の定植は時間的にできず。
発芽揃いの問題に加えて立ち枯れ出たので結局キャベツは予定圃場に足りないので
ちょくちょく播き始めているレタス、ハクサイで穴埋めをします。
結果的に似たような種類で作業効率が激しく減るわけではなさそうなので、
却ってレパートリー増えて良い結果につながる
…といいですね(願望)

オクラの圃場、木の刈払い、二度の雑草刈り払いを経て、
鶏糞300㎏/6a、苦土石灰60㎏/6aを撒布
ついでに地続きの年内キャベツ・年内、年明け?ハクサイ定植予定3aを
1440748885184.jpg
耕耘完了。
刈払してオクラの根っこの部分が残っていますが気になるようだったら発見次第除去。
もっかい耕耘して草の残りが消えかけたらこのオクラ跡、6m×100mのうち、
半分をコマツナやホウレンソウなどの葉物、
もう半分を越冬レタス
にする予定。越冬ものなるべく近場に作って少しでもラクにしたい。
尚、上述の鶏糞、実はもともと200㎏しか撒かないつもりがテンションあがってやり過ぎた。。。
しかしN計算で15㎏分くらいやった計算なので、葉物は無肥料でいけそうな予感。

おまけ
他、
アンデスレッド、種イモを直売所におかわりで買ってきたのですがそれでも足りなかったので
1440748875718.jpg
禁じ手、秋バレイショをカット定植
どうなっても知らねぇぞ…。
  1. 2015/08/31(月) 23:59:50|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャベツ薬散~植物防疫法とイモ(8/24)

さてさて、

最初に定植したキャベツもとっくに14日を過ぎたので、
ジュリボ師匠の威光もそろそろきつくなってた。
ハイマダラメイガをやや確認。
中耕もですが、早く薬散をば。
一発目はちゃんと強いやつを
パダンSG顆粒水溶剤

特にコナガに良く効くチョウ目バスター。
劇物指定で良く効くのにあまりにも安い…。
アクタラ顆粒水溶剤
 農薬 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 100g

 農薬 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 100g
価格:1,008円(税込、送料別)


アブラムシ対策。はっきりしない天気が続いているので
今後も続くのであれば最近毎年秋の乾燥で発生しまくるアブラムシも少な目か?
モスピランと迷ったけれどどちらも残効生長いしいいや、とチョイス。
バシレックス水和剤
気休め程度のBT剤。BT剤は安い安い言われてる、
且つ野菜類の登録で回数制限もない比較的クリーンな農薬ですが、
このバシレックスは他のBT剤と違って1000倍ではなく500倍。
最近気づいたのですが、これって値段同じでも、
濃度的に倍使うから却って高くつくんじゃないだろうか???
殺菌剤としてZボルドー水和剤
初期防除の鉄板なのですが、実はパダンと相性が悪いという。。。
ただ、今後曇りや雨が続きそうだったら秋作なので尻腐れ、菌核警戒で他の予防殺菌剤を、
或いはZボルドーだけ単品で散布か。
フロアブル、乳剤が無かったので
アプローチBI展着剤をし添加
定植日は違うのですが、どれも活着はしているので6a分にまとめて散布。

秋バレイショを植えたのですが、
微妙に用意した畝の分が足りず。
で、ホームセンターに言ったらどこも売り切れ!
秋バレイショはご存じのように非常に種イモが高い(1㎏10玉ほどで600円)
何件かハシゴして、おおっ!あった!と思ったら大玉サイズ6玉くらいで600円。。。
切るの怖いので断念。じゃぁ、余ったところはダイコンでも…
でもそうすると同じ畝で登録無い農薬でアレ的にアレだからなぁ、なんて思ってたのが昨日。
その昨日、初収穫のキュウリで小銭を拾いに行った直売所で思わず二度見。
普通に食用としてアンデスレッドを発見。燈台下暗し。食用で売ってたとは思わなかった。
6~8玉で160円
アンデスレッドはニシユタカやデジマと違って小玉なので1㎏で15~20入ってますが
そう考えてもどっこいどっこいか割安。
ていうかニシユタカやデジマに比べてコスパがよさそうなのでむしろこっちが良かった。
ので、
1440748726368.jpg
買い占めてきた。いくらもなかったけど。
出荷していたのはたまに会ってはオクラトークをしていた人だったので後で報告して話のタネにしよう。。。
ぶっちゃけ、ちょいとぷよぷよだったり、
中の腐れやらカビがあったり芽がガッツリだったので食用にしちゃ保存状態がアレでした。
でっかくて且つ数が微妙だったので、禁じ手半切定植も
1440748737040.jpg
1440748868889.jpg
1440748875718.jpg

他、
ダイコン播種の続き
YR夏みのり(カネコ)9227マルチ20m分。
前回8月19日に播種した分は発芽上々ですが、2粒落としで、たっまーに何もないところ、
或いは元気のない双葉もあったりしたのでちょい追い播き。
種が余ってることもあり、管理も楽なので、少し場所が空いたらもっとダイコン播きたいな。。。
1440748705681.jpg

土木作業
入り口の坂道に砂利を敷いたりあぜ道のへこみに泥を足したり
1440748716590.jpg
1440748801787.jpg
1440748747159.jpg

※法律に関するちょいと難しいお話※
ジャガイモに関して
食用を種イモに使用、はおっけー
種イモを食用として販売、はダメ、絶対
これは何となくわかりますが、
逆に
食用を種イモとして販売、もダメ、絶対
別に食っても平気なモンを植えてもいいだろう、と思うのですが、
種イモとして”販売”となると完全OUT
とある法律に引っかかります。
ある地域の大きな種苗商店がコレをやっていたらしく、検査員が現地視察。

検査員「これは何やってんですか?」
パート「食用のを種用に入れ替えてるんですよ^^」

速やかに社長重役逮捕→倒産
利ザヤの関係で、ダメだと分かっていたのにやっていた、完全クロ。
随分でかい会社だったのに、バカなことをやったよ…。
何て面白おかしく、前の会社で上司に教えられたのですが、
ここで記事にするし、詳しく調べてみたら、事情は少し違って、
ホクレンの関係者が偶然市場を視察していた際に発見したとのこと。
すげぇ引きを持ってるな…。
不当表示の関係と共に、
「植物防疫法」に盛大に引っかかります。
最近、

ジャガイモシロシストセンチュウが日本で初めて確認された

というタイムリーなニュースがありましたが、
ジャガイモは重要食料でもあり、当然病害の蔓延は国内食糧における特大ダメージとなりかねません。
ですので特にジャガイモに関しては種イモとして販売されるものについては厳しい検査が必要となります。
多分、種イモを買ったことがある、見たことがある人は
段ボールや袋に判が押されていたり、検査合格~みたいな商標が貼られているのをご存じでしょう。
それだけ重要性があるので、種イモの扱いは代表的なホクレン、だったり秋ジャガや希少種については
ちゃんと農協や組織が絡んで検査をしっかりしているようです。
尚、上述、種苗商店はホクレンの商標がある袋に入れさせていたとのこと。えぇ、完全真っクロですわ…。

で、
上述、自分は種イモ用として食用のアンデスレッドを買った。
直売所なので食用として売られていたもの。
…。
種用、食用問わず、”種いもとして販売”目的ではないので
種いもに使っていいんだよね???法律的に平気だよね???と少し不安になる。
検索しても、やふー何とか知恵袋とか個人のブログでは大丈夫、とは書いてあるけど
法律的に問題ない、旨は無いので少し気になった、ので
埼玉県の植物防疫の関係の部署へ試しに聞いてみた
やはり法律関係なので、一回電話を切って、かけ直してくれました。
結果、

食用として販売されているイモを種イモとして使用することは
種苗法や植物防疫法などの違反にはならない。
但し、ウイルスやセンチュウなど、食用の栽培された環境が分かりかねるので、
やみくもに使用するのはあまりお勧めしません

と回答を頂いた。
まぁ、確認の為でした。
それに秋作です。粉剤処理が無いので土壌病害で一発アウトの危険性も孕んでいます。
少量ですし、そん時ゃそん時か。
  1. 2015/08/28(金) 17:22:05|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

刈払DAY~NL513に名前がついた

さてさて、

朝からうぉんうぉん言わせて刈払い。
放棄地1.5反分、そろそろ終わる。
1440336008007.jpg
おまけに畑周りにプリグロックスを適当にかけて置く。
ついでにオクラ、モロコシ跡でびょんびょんに伸びてしまっている草共を掃討。
午前中まるまる、4時間くらいうぉんうぉんやってたので手の神経がばねみたいにびんびん響く響く。
※刈払機を使ったことのある人ならわかる感覚のはず…。
そういや去年の今頃
「筋肉内異物摘出術」
なる八字熟語の物理ダメージをくらったまきのさん。
賢明な読者の皆様は刈払機をご使用の際には
くれぐれもちゃんと防具をつけて、
チップが弾けないように鉄柵があるところでは注意して操作し、
もしかして足の中にチップが入ったかもしれない!と思ったら
1週間もほったらかしにしないですぐに病院へ行く、
などごく当たり前細心の対処をしてください。

7月24日定植したキュウリの初収穫です。
1440335994859.jpg
獲れ始めだし、なんだかかぁいいキュウリ。
実は、まきのさんはそこまでキュウリ好きじゃないので、
こんくらいなら時間の無駄だし持って帰って食べるか
という気に全くならなかったので小銭に替えるべく出荷。今は値段が良いので3本くらいで100円。
ニガウリと合わせてもまだ英世になるか瀬戸際の金額でしたが、一応二週間ぶりくらいに収入か。
ただしここ数日分の軽トラのガソリン代と刈払機の2サイクルガソリンで相殺。
ガソリン1L130円くらいって考えると
2サイクルの混合済みガソリンって1L500円くらいするのでコスパが悪い。
案外使用頻度がこの夏時期だけ爆発的に上がるから混合用オイル買うかな…。


実は21日に既に播いてしまって、記事にするのを忘れていたのですが
春先に作って
べた褒め(5/14)
していた(5/21)
半結球レタス「NL-513(ナント)」
が正式に名前が出来たようです。
1440335966144.jpg
炒チャオ(ちゃおちゃお)
…。
何か他に良い名前なかったんかよ…。
サラダ○○みたいに手軽に食える名前のつもりか分からないけど、
食べ方を名前で指定してしまうようなのはどうかなー、と。
全部カタカナではダメだったのか…。
ただ、春作で大変気に入った、気に入った(強調)、気に入った(再強調)ので玉レタス、テンション(カネコ)と共に200穴で1枚づつ。
増産するから今回買ったコート種子1000粒では足りないだろうなー。
1440335945608.jpg
丁寧に品種説明のリーフレットも来たよ!
ただ、種袋の写真もですが、俺が作ったのはもっと細長くなったんですがねェ。
温度上昇期の春作だからかな?丸っこくて、何かマノアみたい。。。

他、
昨日播いたコマツナ40mに0.6㎜ネットかけ。
1440335980085.jpg
  1. 2015/08/26(水) 21:59:59|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニンジンコマツナ播種~冬くぐり定植開始(8/22)

さてさて、

午前中にさっさとニンジン・コマツナ用に畝立てとダイコン用黒9227、タマネギ黒9515をそれぞれ40m分。
1440335900219.jpg
ネット掛かってるのとその右のは8/12播種コマツナと8/19播種ダイコンの畝

で、
40m分コマツナ播種菜々子(タキイ)
ニンジンは春にも作ったカラーニンジン
ハーモニーシリーズ、オレンジ、バイオレット、イエロー、クリーム(丸種)4種類

ただしコート種子、独特のネオコート種子なる形状が災いしたのかY-12ロールに種が詰まってしまっていたことが判明。
播き終わる最後の最後で気づいて後の祭り。生えるか不穏だったので、9515マルチの方へ手播き。
40m分のうち15mはこんな感じで播いてしまいましたが残りは向陽2号を播種。
1440335921452.jpg
明後日あたりに雨が降りそうなので水はやらず。

春の内から仕込んでいたセット球タマネギですが、
1440335841630.jpg
まきのさんの保存があまりにも雑すぎたので、200穴で25枚5000玉分播いたはずなのですが、腐れ、ナメクジの食害云々、最悪の状態。
500ほどしか植えられ…えっ、マジでこんだけかよ…と書いてる今、改めて愕然。
本当に芽が出るのか不穏だったので、途中で畑の空いてるところにぶちまけて埋める始末。
芽が出たら出た奴を順次植えていきます。嗚呼、元取れんのかこれ…。
ホームセンターに行けばこんなゴミとは比べ物にならないほどの立派なのが50玉くらい1000円で沢山売ってたけど悔しいから買わず。
9515マルチが上述のニンジンで埋め合わせてもがら空きなので、半結球レタスを順次播いて植えることにします。

越冬キャベツとして上手く当てたい冬くぐりキャベツを定植開始です。
1440336000842.jpg
40m強に4列分。5枚でコレなので、420本くらい。
実際のところ、
立ち枯れが全く出ていない状態で小さくて植えられなかったものがあったので予備苗として残りは獲っといてあるので
まだ植えられますし、4列やってもう少し植えられたのですが、半端で終わってしまうので4列ぴったしで終了。
尚、8月25日現在で欠株ゼロ。欠株ゼロ…なんてすばらしい響きだ!
で、
植えた後は潅水…なのですが車が入れない。
一応地主さんの自宅敷地内に入って庭を通れば行けるっちゃ行けるのですが、
そこまで図々しい真似は出来ないので、50mほど両手にジョーロを持って20往復くらいで水を撒く。
カンカン照りでなく、曇天が続くので年内キャベツを植えた頃のように
毎日潅水しないといけない状況ではないので幸運か。
作業終了が19時半を回っていたので定植後の写真は翌日。

おまけ
1440335933444.jpg
苗屋さんに借りたマルチャーを帰しに行く軽トラ走行中に闖入者
シオカラトンボが顔面にタックルをかましてきた後にドヤ顔で肩に止まっている映像。
  1. 2015/08/26(水) 21:35:38|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャベツ定植~秋馬鈴薯定植(8/21)

さてさて、

8月12日播種のコマツナ。
播種後9日でまだこんなんですが
1440335754224.jpg
あっちゅー間にでっかくなって、ヤベッ!と思ったら14日制限に間に合わなくなるので
スピノエース顆粒水和剤 100g

スピノエース顆粒水和剤 100g
価格:4,298円(税込、送料別)


を撒布。
コマツナにおけるアザミウマの登録自体はコレ仕方分無いけど、
今思えばモスピラン水溶でもよかった気がしてきた。
コマツナでは登録にアブラムシとキスジとカブラハバチの記載だけど、
よくよく考えたら他の作物のアザミウマに効くって書いてあったな。。。
しかも7日だし。。。
他、
プレバソンフロアブル
アルバリン顆粒水溶
エスマルク水溶
を。アザミウマかキスジの被害兆候を察知次第、モスピランを予定。

恋風キャベツの定植、
がっ

元々の発芽揃いの悪さに加え、立ち枯れ激発。
去年もじゃねぇかっ!と思ったけど、雨が続いて且つ苗段階で殺菌剤未使用なのでそらそうだ。
株間畝間40㎝60㎝(畝間をいろどりより5㎝縮めた)11枚植えて幅4mに82列、約800本。
1440335703657.jpg
1440335671993.jpg
アベレージ悪すぎィ…
今日は時間の都合上、恋風しか植えませんでしたが同じく8月1日播種の冬くぐりを明日植えます。
苗段階で、恋風といろどりは見分けつかないですが、恋風と冬くぐりとはつきます。
写真では葉の鋸歯が違うのがはっきりと分かりますが、生で見ると冬くぐりは色が薄い。
1440335821745.jpg
1440335798996.jpg
尚、定植前日にはもちろん
ジュリボフロアブル 250ml

ジュリボフロアブル 250ml
価格:6,890円(税込、送料別)


ジュリボ師匠を潅注済
何故か店頭よりも、或いはネットショップの中でもべらぼうに安い蒸気のアフィリエイトでの購入がお買い得ですよ奥さん。
既にまきのさんは在庫で数本抱えています。

今年も秋馬鈴薯をやります。
尚、去年
で、この去年の秋馬鈴薯の敗残兵が
春の苗床で生き延びていた
1431780317135.jpg
苗床の掃除をしたら、びっくり、思いのほかイモがたくさんついていた。
さすがに食べるのは怖い(?)と思ってたら、種イモにすればいいんじゃね?とまきのさんらしからぬ素晴らしい発案。
1440335787639.jpg
大小ありましたが、カットを推奨できない秋作なので、個数で言えば40個ほどか。2500円分は浮きました。
で、ちょこちょこ買い足し。ただし、見た目で分かるのはアンデスのみなので、
ニシユタカとデジマは樹の色を観て判別します。
1440335644867.jpg
株間30㎝くらい。適当に作った畝に微妙に足りない。
ニシユタカとデジマは1㎏かっても10個あるかないかなので、小振りなアンデスを買い足すかな。。。
  1. 2015/08/25(火) 23:16:04|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色々播種~昨年冬の悪夢再びか…?(8/19、20)

さてさて、

※タイトルの日付が二日分ですが、
作業記録のメモ帳に日付書き忘れて作業がごっちゃになってしまった。
一応播種したものすべて19日であることは間違いないが、まぁどんまい。

種がいろいろ手に入ったので、播きます。
まずは白菜。
毎年相場が乱高下する時期、11月上旬頃~を目指します。
夏の生育がどうか、そして秋が早く来るか遅く来るかによって
長野県群馬県の山の白菜が終わるか続いているか、予測は大変難しい。
特にこの平地だと虫害あり、黒斑細菌、白斑病あり、の防除も面倒くさい。
けれども少しづつやります。
品種は
黄もの60日(向日葵)
1440335472503.jpg
1440335463446.jpg
聞いたことねーメーカーのですが、コメリで買ったのでどうやら新潟つながりか。
あきめき75日(日本農林)
1440335483177.jpg
スーパーCRに加えて黄化病にも強い、らしい。
新しい品種で、出た時は随分話題になりましたが、ぶっちゃけ出る時ゃ出るらしい。
しかし日本農林と言えば直売での知名度で新理想、他、古いか?黄苑80、や遅い寒次郎など
結構白菜で定評のある品種を持ったメーカー。
別にどっちも出る畑では”まだ”無いのですが、ためしに播いてみようと購入。
128×1枚づつ。
あきめきはコート種子100粒表示で105粒。
128で余ったので昨年の郷秋80(トーホク)を播いたけど生えず…。

大根はYR夏みのり(カネコ)
1440335528755.jpg
考えるのが面倒だったので盆明け播く奴と9月入って播く奴20mlづつ、
とテキトーな注文をしてみたらコート種子で届いた。
播き易いのでこれ正解か。9227黒マルチ40mの内20m。
残りは5~7日ずらす。
9月分は

だった。
まじまじと品種名を見れば、なんか日本酒みてぇな名前だな。
尚、マルチがもったいないので越冬レタスをダイコン抜いた後に植えようかな、なんて思ったり。

続いてニンジン、前回8月12日に播いたやつは今こんな感じ。
1440335452650.jpg
発芽良好。
30mの内15m分だったので、続き15m分、同じように7.5㎝株間5条。
がっ
1440335514429.jpg
既に立てていた畝が降雨後の晴天で固まってえらく播きづらい!
覆土がしっかりできない。ゴリゴリの状態で無理矢理播いたのでちょっと心配。
本当はこの後コマツナを撒く予定でしたが同じようになりかねないので延期。
もっかいトラクターかけて畝立てしないとダメだこりゃ。
で、ここの分の耕耘と、ダイコンの隣を耕耘、
そして次のキャベツを植える場所の耕耘。
1440335433352.jpg

ちょっと困ったことに。
定植した長ねぎ。定植後の高温乾燥で無事死亡確認…
1438608972033.jpg
のはずが
1440335988118.jpg
復活。
何だ、良い事じゃねぇか何言ってんだコイツ、と思われるでしょうが、予定が盛大に狂う。
元々トウモロコシ跡の5aに越冬キャベツを植えようと思っていたのですが、
1439610457607.jpg
トウモロコシ畑の片づけが終わんない。
じゃぁ長ねぎがちょうどいいタイミングで枯れてくれたので(最低)そこに植えよう。
どうせ5aでは植え切らないし、それまでにトウモロコシを片付ければいいや、片づけよう。
じゃぁ全く畑に空きがないのか、と言われればそんなことはなく、
空いてるっちゃ空いてるのですが
裏の畑。まるまる1反使ってない。
その裏の畑は昨年同様タマネギと年内のコマツナ、ホウレンソウ、ニンジン、ダイコンを増産しようと
していたのは、昨年度、一番きつかった作業、
霜で溶けて凍ったを繰り返してぐしゃぐしゃになって畔道が使えなくなったため
キャベツコンテナを片道150mを往復で”徒歩”で運んだ

経験から。
さすがに腰痛的及び作業時間的理由からヤダ。
さすがに

的な機械を買うつもりはあるのですが、心変わりで買わなかった場合、
片道300mを往復で運ぶのは体力的にきついから裏の畑は越冬ものナシの方向で、と
考えていた。
ンなこと言っても植える場所は無い。
……。
……。
1440335659470.jpg
1440335621796.jpg
orz
裏の畑一面越冬キャベツになります。
耕耘は別の日にやりました。
地続きの畑、近いけど、遠い。。。

他、
オクラの片づけ続き。マルチはがし。まだもうちょい掛かる。
隣りのクソ耕作放棄地に刈払+特濃プリグロックス散布。
SAVE MY CABBAGES
1440335502330.jpg
  1. 2015/08/25(火) 22:42:07|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盆進行~作業箇条書き(8/15~18)

さてさて、

15日土曜日~様子のみ
前日雨が降ってくれたので植えたばかりのキャベツに潅水する必要なし。
1440072765945.jpg
苗も潅水する必要なし。出荷物はゴーヤだけ。数袋だけですが、食べきれないので出荷。
他様子見。
実作業時間1時間。
今までの作業時間が凄すぎたので何か後ろめたい気がしますがどんまい。

16日日曜日~冬くぐり播種とオクラ片づけ
そういや予定では昨日だったのですが、
冬くぐり(カネコ)5.5枚播種。
キャベツの播種終了です。
コート5000粒1缶分播きまして、大体5200粒あったみたい。104%か。。。
まぁ、こんなもんだろう。5000粒って書いてあるので5000粒入ってるなら文句は無い。

某T社(京都ではない)はM30000粒のホウレンソウに30000粒入ってない
事がザラですが、これはこれで論外です。

刈り終わったオクラを軽トラに積んで穴に投げる。
1440072782999.jpg
こんくらいのを5往復で終わり。
何だか大好きなオクラが終わって気が抜けてしまった。
オクラのマルチ外しは後でいいやー、と
やる気なく、かなり時間を余して午前中で終了。

17日月曜日~雨のため全休
全休っ!なんて素晴らしい響き!

18日火曜日~草刈DAY
午前中に献血と町中の種屋さんにレタスやら大根やら引取り。
片付けたオクラ畑6aと新しく借りた放棄地15aの草刈り。
するとスクーターで畑まで来訪者。地域の大農家さんが様子を見に来た。
この大農家さんの畑は今の畑、あるいは裏の畑から遠目にダイコンやらやってるのが見える程度の近さですが、
この放棄地と同じ通りにもあるのでさらにご近所さんになった。
「実がつくと10年祟られる」
と、この地域の方々がよく恨めしくつぶやく言葉と共に、
どうせ四面は道路と溝、川沿いなんだから風の無い日に焼いちゃえ、
次にお金がかかるけど、バスアミドかガスタード、
この畑(1反5畝)だったら40㎏くらい俺だったらやるな、それを全面被覆だな。
とアドバイスを頂く。
社交辞令でしょうが、最後に「何か困った事があったら言ってくれ。頑張ってな。」
とありがたい言葉。お心遣いに大変感謝。
  1. 2015/08/23(日) 22:30:53|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろどり定植終了…~ようやく雨(8/14)

さてさて、

ようやく雨が降る予報。
ではでは…とキャベツを植えます。
7月24日播種6枚のいろどり
と、
7月24日播種4枚の恋風
1439610476506.jpg
…。
どれがどれだかわからなくなるというあり得ない阿呆。
植えてる途中でたまに残っている種皮の色を見ればわかった(いろどりは青、恋風は緑)のですが後の祭り。
播種前は苗段階で分かるだろうwwwwと思ってたのですが、
そういや去年も見分けがつかなかったような気がしたが、どんまい。
まぁ同じくらいの時期には獲れるからいいか…。
一応6a分(12m×50m)の定植が終了。
1439610490973.jpg
1440072707214.jpg
1440072765945.jpg
1440072774600.jpg
しっかし、苗の揃いの悪さに加え、昨年もそうでしたが一部播種分、苗段階で立ち枯れ続出。(80本ほどパァ)
1440072757066.jpg
1440072748945.jpg
本当はここには恋風が植わらないくらいの本数だったはずなのに…。
今年の年内キャベツは昨年よりも結局少なそう。
でも他のキュウリやら今後レタスやダイコン、ハクサイ云々増やしたから、
キャベツが多少転んでもどうにでもなる(ドヤァ)のであまり気にしていない。
他に懸念材料があるとすれば、
次から植えるキャベツの畑が3作連続キャベツ
且つ春キャベツ失敗して尻腐れのものをそのまま鋤きこんだってことくらいっすかね(汗)。
年内キャベツが終わったら急いで何回か鋤きこんで、
昨年12月下旬播種から割と頑張ったホウレンソウを次作に入れるかな。。。
※写真は定植翌日。

他、
1439610457607.jpg
とっくに7月末には収穫が終了しているはずのトウモロコシなのですが片づけに苦戦。
刈払機をようやくかけるも、台風で横に倒れたまんまのトウモロコシの樹を上手に刈れない。
且つ、ぶっとい根っこがマルチに絡んでマルチを上手く剥がせない。
厄介で時間がかかりそうなので他の作業を優先することに。
…こりゃ年明けキャベツの定植はココ間に合わないなー。。。
と別の場所に植える寸法を考える。

そして仕事がひと段落した夕方に
1439610484098.jpg
ようやくどしゃどしゃとまとまった雨。
定植後のキャベツの灌水、苗の灌水の手間が省けていいですね。
  1. 2015/08/23(日) 21:22:07|
  2. 農作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。