まきのうさんのまきのさん

ゼロからの新規就農。ほぼ毎日の作業記録をだらだらと記録していきます。

二年目ダイジェスト

1~3月はキャベツくらいしかなく売り上げは低空飛行。
2~4月はホウレンソウでぽちぽち売上が上がるももっと頑張れた、と反省。
1420002402705.jpg
1420382391053.jpg
1426421987548.jpg
1427455464842.jpg
1428326008335.jpg

2月からキャベツの準備を始めるも、結果、4月から続いた乾燥による初期生育不良とコナガの大発生でほぼ全滅。
高値であることを考えたら小玉でも出した方が良かったのかもしれないが、
正直美味しくなかったので資材代で元が獲れたら全て処分。
判断力の無さで潅水をしなかったことによる大きな失敗として、来年は同じ轍は踏まないように心がける。
1427724013866.jpg
1433852743231.jpg
1436614485330.jpg

3月末から始めたオクラは播種直後からべた掛けトンネルをするも、
べた掛けが原因と思われる多湿によって発芽不良。
また、トンネルを外すのが早すぎて初期生育を稼げず収穫が大幅に遅れた。
昨年同様、早い段階で直売所では独壇場になれ、売り上げの主力となったけれども
初期の発芽失敗と、トンネル外すのが早すぎて生育を遅らせてしまったという大きく反省が残った。
1436614149148.jpg
1433852622497.jpg
1435546013649.jpg
1437652915019.jpg

更に大きな反省と言えば昨年は定植時の灌水が足りなかったがため枯死したサラダ白菜。
今年は5月6月の多雨で前面に軟腐発生。
昨年以上に目が当てられない失敗で売上ほぼなし。
2作続けて失敗したのは偶然ではなく必然。恐らく次作は残り種だけで、もう作りません。
1435545963784.jpg
1436614455511.jpg
1438608936720.jpg

随分失敗が目立った前半戦1~6月でしたが、
6~7月はタマネギ、トウモロコシ、キュウリなどサブで作った品目が売上で大当たり。
タマネギは棚持ちが良いので売れ行き良好だった。
3月の彼岸に播いて記事を書いている今には良い結果が出ているセット球も今後狙っていきたい。
1421410239468.jpg
1427111680477.jpg
1432473773420.jpg
1434805434235.jpg

トウモロコシは収穫調整は大変ですが多く出しても良く売れる。
特にトンネルの早期出荷は魅力的。
ヤングコーンも地味に売れるし、植物体自体は大きいけれども管理はそこまで大変ではない。
怖いのは7月の台風とカラス被害か。
1435545945302.jpg
1435545950750.jpg
1437221553602.jpg

キュウリに関しては6月播種で9月のお彼岸頃の高値に上手く当てられたのが大きい。
播種が2週間ほど遅れてしまってお盆に出せなかったのが反省。
作業で忙しくても6月10日播種は来季は忘れずに。
1436771504601.jpg
1435545957090.jpg
1437652992306.jpg

秋冬作はキャベツレタスハクサイ。
キャベツは昨年同様苗づくりの際の立ち枯れで苗を悪くしてしまったけれども
栽培の上ではフェロモントラップの利用と適時防除で病害虫の被害も少なく定植時の灌水もばっちり。
特別、大きな失敗は無く作れた。来年は健苗率をもっと高めたい。
特に高値の10月上旬から出せたのが実績として大きかった。
1438959554155.jpg
1439384857924.jpg
1443875549124.jpg
1444737618621.jpg
レタスもそこそこでしたが値段がつかず、そしてつき始めた頃の12月収穫のは霜による傷みとトンネル開閉の頻度の都合か
すそ枯れが出たり葉が痛んだり、と昨年よりは上手に出来たけれどもまだまだ修行が足りません。
1445080562026.jpg
結球野菜は価格の山、谷、が激しいですが、特にキャベツに関してはとりあえず必需品の野菜であることに加えて
早い作と遅い作、つまり長野や群馬の作と重なる10月頭、
千葉、神奈川産の供給が著しい中で地域性による理由で地場産が少ないという点で越冬物に関しては
可能性があると思っているので今後の規模拡大には惜しまずキャベツを作っていきたいと思っている。

11月はほぼ全ての品目で反動の安値のあおりを受け売り上げは苦戦。
12月も年末まで単価安が続き、特に葉物は残が多すぎてちょっとテンションが下がる。
下がったままの年明けとなります。
畑の都合上、フル回転気味だったので、昨年よりもホウレンソウを播けなかったので
3,4月は春夏の準備に励めそう。

「明日の農業担い手育成塾」塾生として始まった2年間の研修が3月いっぱいで終わります。
何事もなければめでたく卒塾、晴れて正式な農家となる事と思われます。
2年目の今年は昨年よりも売上増に加えてトラクター、マルチャー、管理機など
1443448339265.jpg
1447069227255.jpg
1442750253072.jpg
独立に必要な最低限の機械を買いそろえることができました。
尚、1.5反の耕作放棄地を開拓中ですが恐らくまともに作付でき始めるのが早くても来年なので
面積自体は昨年末と変わらず約4.2反の状態で秋までは続く。
一応ボソッ…モグリで1.5反使ってもいいよ、
と近所の大農家さんのご厚意で貸して頂けたので、今年は越冬キャベツに全部突っ込む予定。
で、
3年目の目標としてはさらに売上増、規模拡大、作業効率向上などなど
具体的なコレ!というのは色々考えると楽しくて収拾がつかなくなるゆえ、ここで揚げるのは難しいですが、
貪欲に、4年目5年目に更なる設備投資・拡大ができるように更にしぶとく頑張ります。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/07(木) 23:37:07|
  2. 二年目ダイジェスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4